問題

21
SQL

DISTINCTを使って重複を除外しよう

DISTINCTとは「明確」という意味を持ち、SELECT文で得られた結果の重複する部分を除外することができます。 DISTINCTはSELECT文専用の修飾キーワードです。

SQLの問題に挑戦しよう!

問題

DISTINCTを使って重複を除外しよう

DISTINCTを使って、家計簿テーブルの費目の種類を被りなく表示しましょう。

期待する画面

解答の画像

解答と解説(DISTINCTを使って重複を除外しよう)

解説

LINE登録して解答を見る

※ご登録後トークルーム下部にあるメニュー内
「無料問題集※解答付き」を押すと
解答閲覧用URLが届きます

DISTINCTの構文は以下のようになります。
SELECT DISTINCT 列名 FROM テーブル名;

SELECT文の列名を選択する部分で、DISTINCTの後に重複なく表示したいカラム名を記述します。
そうすることでそのカラム内のデータの重複を取り除いてくれます。

他の修飾と異なり、SELECT文の最初に書く形なので注意しましょう。

補足

家計簿テーブルの費目のようにカラム内のデータが重複することは多々発生します。
「データの種類」を表示したい場合などは、このDISTINCTというキーワードが非常に便利です。

SELECT文とセットで使う事を覚えておきましょう。

さらにスキルアップしたい方は公式LINEから「SQL」と送信すると動画が見れます。

LINE登録して動画を視聴する
学習の事・キャリアの事、何でもOK!無料相談に申し込む