問題

6
SQL

SUMなどの集計関数を使いこなそう

代表的な集計関数には合計を返すSUMや平均値を返すAVG等があります。 これらの関数を使用する場合は引数に1つの列名を渡します。 また、列名だけでなく、「SUM(列名*1.1)」のように列名を含む式を指定することもできます。

SQLの問題に挑戦しよう!

問題

SUMなどの集計関数を使いこなそう

家計簿テーブルにある12月の合計支出額、平均支出額、最も高い支出額、最も低い支出額
これらをSELECT文と集計関数を使って算出してみましょう。
列名は期待する画面を参考にしましょう。

期待する画面

解答の画像

解答と解説(SUMなどの集計関数を使いこなそう)

解説

LINE登録して解答を見る

※ご登録後トークルーム下部にあるメニュー内
「無料問題集※解答付き」を押すと
解答閲覧用URLが届きます

合計値を求めたい場合はSUM
平均値を求めたい場合はAVG
最も大きい値を求めたい場合はMAX
最も小さい値を求めたい場合はMINを使用します。

補足

集計関数は非常に便利なものですが、いつでもどこでも使えるわけではありません。
集計関数は問題で使用したようなSELECT文の選択列リストの部分やHAVING句というものの中で利用します。
WHEREの中では使用することができないので注意しましょう。

さらにスキルアップしたい方は公式LINEから「SQL」と送信すると動画が見れます。

LINE登録して動画を視聴する
学習の事・キャリアの事、何でもOK!無料相談に申し込む