問題

3
SQL

REPLACE関数で文字列を置き換えよう

REPLACE関数とは、文字列の一部分を別の文字列に置換する関数です。 例えばところどころで「ninjacode」を「ninjacodo」と誤って記述してしまっていた場合に REPLACE関数を使うことでまとめて修正をおこなうことができます。

SQLの問題に挑戦しよう!

問題

REPLACE関数で文字列を置き換えよう

REPLACE関数を使って詳細カラムにある「購入」という文字列を全て「買った」に更新してください。

期待する画面

解答の画像

解答と解説(REPLACE関数で文字列を置き換えよう)

解説

LINE登録して解答を見る

※ご登録後トークルーム下部にあるメニュー内
「無料問題集※解答付き」を押すと
解答閲覧用URLが届きます

文字列を置き換えるREPLACE関数の構文は以下のようになります。
REPLACE(置換対象の文字列, 置換前の部分文字列, 置換後の部分文字列)

実行すると、置換処理された後の文字列が返ってきます。
ちゃんと置換できているかSELECT文を使って確認しましょう。

補足

大量なデータの同じ文字列を修正する場合、
REPLACE関数は非常に役立ちます。

置き換えられるのは文字列はもちろんですが
「''」として空白を指定することもできます。

さらにスキルアップしたい方は公式LINEから「SQL」と送信すると動画が見れます。

LINE登録して動画を視聴する
あなたに合った学習プランは? 適正コース診断