問題

18
SQL

IN演算子を使ってみよう!

IN演算子とは、値がカッコ内に列挙した複数の値のいずれかに合致するかを判定する演算子です。演算子「=」では1つの値での比較しかできません。 NOT IN演算子は逆にカッコ内に列挙した値のどれとも合致しないことを判定します。

SQLの問題に挑戦しよう!

問題

IN演算子を使ってみよう!

はじめに指定のコードを実行してデータを追加してください。

IN演算子を使って、家計簿テーブルの「食費」と「娯楽費」だけを抽出してみましょう。

あらかじめエディタに書くコード

                    USE ninjacode;
INSERT INTO 家計簿 
  (日付, 費目, 収入, 支出, 詳細) 
VALUES
  (20221226, '食費', 0, 400, 'コーヒー購入'),
  (20221227, '娯楽費', 0, 15000, '温泉旅行');
SELECT * FROM 家計簿;
¥SQL¥
                

期待する画面

解答の画像

解答と解説(IN演算子を使ってみよう!)

解説

LINE登録して解答を見る

※ご登録後トークルーム下部にあるメニュー内
「無料問題集※解答付き」を押すと
解答閲覧用URLが届きます

IN演算子を用いて値を検索するには
IN演算子に続けてカッコ内で定義します。
構文は以下のようになります。
式 IN (値1, 値2・・・)
一度にたくさんの値との比較ができるので便利です。

補足

IN演算子の逆の意味となるNOT IN演算子を使うと
今回の解答の場合は「食費」「娯楽費」以外のデータが抽出されます。
場面によって使い分けるようにしましょう。

さらにスキルアップしたい方は公式LINEから「SQL」と送信すると動画が見れます。

LINE登録して動画を視聴する
あなたに合った学習プランは? 適正コース診断