ログイン

問題7 カレンダーにありそうな回転文字表記を実装しよう

HTML_CSSの問題

HTML_CSS

これまで学んできた配置の指定方法や文字スタイルの変更方法を駆使してカレンダーのデザインを行ないます。 見本通りのカレンダー作りに挑戦してみましょう!

カレンダーにありそうな回転文字表記を実装しよう

問題

カレンダーにありそうな回転文字表記...言葉じゃ伝えきれないので

見本を画像を参考に作成してください。

期待する画面

コードのアイコン

解答ソースコード

              <section class="stamp-wrap">
  <div class="calender">
    <div class="calender__wrap">
      <span class="part calender__wrap__day">05</span>
      <span class="part calender__wrap__month">february</span>
      <span class="part calender__wrap__year">2020</span>
    </div>
  </div>
</section>
¥HTML¥
            
              .calender {
    width: 150px;
    height: 150px;
    margin: auto;
}
.part {
    position: absolute;
}
.calender__wrap {
    position: relative;
    width: 100%;
    height: 100%;
    background-color: powderblue;
}
.calender__wrap__day {
    font-size: 5.3em;
    font-weight: bold;
    top: 4px;
    left: 4px;
}
.calender__wrap__month {
    bottom: 0;
    left: 50%;
    transform: translateX(-50%);
    font-size: 1.8em;
    font-weight: bold;
}
.calender__wrap__year {
    top: 16px;
    right: 0;
    font-size: 1.5em;
    writing-mode: vertical-rl;
    text-orientation: upright;
}
¥CSS¥
            
答えのアイコン

解説

親要素全体にrelativeを付与して、子要素を配置しただけです。
難しそうに見えてかなり楽に展開できます。

文字の縦配置につきましては、初級弐拾参 を参考にしてください!
ログインして解答を見る
positionプロパティが使いこなせる様になっていれば、このようなデザインは簡単に実装できるようになります。

文字の太さや背景色などはしっかり観察したうえで、見本通りの見た目を目指しましょう。
twitterのアイコン
活動記録をTweetする
完了にする!
1.HTMLの宣言をしてみよう
続きの動画を見たい方は公式LINEから「HTML」と送信すると動画が見れます。
LINEの友達追加でお役立ち動画をGET!!