問題

2
HTML

HTMLの基本的なタグを覚えよう

HTMLでは、タグというものを使ってWebページを作成していきます。 まずはどのページを作成する際にも必要となる基本のHTMLタグを覚えていきましょう。

HTMLの問題に挑戦しよう!

問題

HTMLの基本的なタグを覚えよう

まずはDOCTYPE宣言から始まる
HTMLの基本的なタグをずらっと書いていきましょう。

※現段階ではheadタグとbodyタグの中身は空でOKです

期待する画面

表示なし

解答と解説(HTMLの基本的なタグを覚えよう)

解説

LINE登録して解答を見る

※ご登録後トークルーム下部にあるメニュー内
「無料問題集※解答付き」を押すと
解答閲覧用URLが届きます

それぞれの書き方については解答をご確認ください。

まずはHTML文書であることを明示するために
1行目でDOCTYPE宣言をします。こちらはタグではない為、終了タグは不要です。

2行目以降にタグを記述していきます。
始めはhtmlタグを書きます。htmlタグは開始タグと終了タグが必要になるので、
書き忘れないようにセットで書くようにしておきましょう。

htmlの開始タグには、lang属性を使って日本語であることを指定します。

最後にHTMLの基本情報を記述するheadタグと
Webページのコンテンツを記述するbodyタグを書けば基本のテンプレート内容は完成です。

補足

head要素とbody要素のそれぞれの役割について解説します。

head要素の中に入る情報は、ほとんどがコンピューターが読み取る情報です。
文字コードを指定したり、CSSファイルの参照を行なうための記述などを行ないます。
headタグ内で可視化される情報はtitleタグのみで、Webブラウザのタブ部分に表示されるページタイトルを表示するためのタグです。

対してbody要素の中に入る情報は、ほとんどがWebブラウザ内に表示されます。
Webサイトのコンテンツは全てbody要素内に記述します。

ポイント

HTMLのタグとは

HTMLのタグとは、「<」と「>」で囲まれた部分の文字列を指します。
このタグによって見出しや段落、リンク、画像などの表示を命令することができます。
HTMLはマークアップ言語と呼ばれ、この「マーク」にあたるのが「タグ」ということです。

タグの書き方

HTMLのタグには、「開始タグ」と「終了タグ」があり、終了タグには「/」をつけます。例えば見出しを作るには「<h1>見出し</h1>」と書くことで、タグで囲まれた文字列が見出しとして判断されます。
ここでややこしいのが、タグの中には、「開始タグ」だけで書くものもあります。
使用していくうちに覚えていくので、今はそのようなものがあるとだけ記憶しておきましょう。

さらにスキルアップしたい方は公式LINEから「HTML」と送信すると動画が見れます。

LINE登録して動画を視聴する
学習の事・キャリアの事、何でもOK!無料相談に申し込む