問題

10
SQL

SELECT文をネストで書こう!

実はSELECT文はネスト構造を用いて記述することができます。 ネストとは、あるものの内側に別のものを内包している状態のことをいいます。 つまり、SELECT文の中にSELECT文を記述することができるのです。

SQLの問題に挑戦しよう!

問題

SELECT文をネストで書こう!

家計簿テーブル内の最大の支出額を
ネスト構造を使った記述で求めて下さい。

期待する画面

解答の画像

解答と解説(SELECT文をネストで書こう!)

解説

LINE登録して解答を見る

※ご登録後トークルーム下部にあるメニュー内
「無料問題集※解答付き」を押すと
解答閲覧用URLが届きます

最大の支出額を費目と一緒に表示させる場合、通常であれば
はじめに最大の支出額を SELECT MAX(出金額) FROM 家計簿 で求め
その後にSELECT 費目, 出金額 FROM 家計簿 WHERE 出金額 = 金額で
求めようとするかと思います。

このような構造の場合は、解答のようにネスト構造で記述することができます。

補足

他のSQL文の一部として登場するSELECT文のことを
副問い合わせやサブクエリと呼びます。

副問い合わせを使うことによって高度なSQL文を書くことができます。
副問い合わせをうまく使いこなすには、処理される仕組みを理解し
パターンを覚えていくことが重要です。

さらにスキルアップしたい方は公式LINEから「SQL」と送信すると動画が見れます。

LINE登録して動画を視聴する
あなたに合った学習プランは? 適正コース診断