ログイン

問題7 liタグの数を取得しよう

JavaScriptの問題

JavaScript

liタグの数を取得しよう

問題

liタグの数を取得してアラートに出して見よう。

自分の環境に書くコード

              <ul class="list">
    <li>リンゴ</li>
    <li>みかん</li>
    <li>ぶどう</li>
    <li>メロン</li>
    <li>パイナップル</li>
</ul>
 ¥HTML¥
            
              ul{
    margin: 0 auto 0 auto;
    display: flex;
    list-style: none;
}
li{
    height: 100px;
    width: 100px;
    background-color: #1d4177;
    margin-right: 10px;
}
¥CSS¥
            

期待する画面

ログインして解答を見る
コードのアイコン

解答ソースコード

              $(function(){
  alert('liタグの数は' + $('li').length + '個です!');
});
¥JavaScript¥
            
              <!DOCTYPE html>
<html lang="">
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title>タイトル</title>
	<meta name="viewport" content="width=device-width">
	<style>
		ul{
			margin: 0 auto 0 auto;
			display: flex;
			list-style: none;
		}
		li{
			height: 100px;
			width: 100px;
			background-color: #1d4177;
			margin-right: 10px;
		}
	</style>
</head>
<body>
		
	<ul>
		<li></li>
		<li></li>
		<li></li>
		<li></li>
		<li></li>
	</ul>
	
	
	<script
  src="https://code.jquery.com/jquery-3.4.1.js"
  integrity="sha256-WpOohJOqMqqyKL9FccASB9O0KwACQJpFTUBLTYOVvVU="
  crossorigin="anonymous"></script>
</body>
</html>
¥HTML¥
            
答えのアイコン

解説

数を取得するには「length」プロパティが使えるぞ。
基本的にはどのプログラミング言語でも
数を取得するプロパティやメソッドが用意されている。
例えlengthを忘れても「数は取得できる」と言うことさえ覚えておけば、
あとはググればokだ
完了にする!
1.JavaScriptでできること
続きの動画を見たい方は公式LINEから「JavaScript」と送信すると動画が見れます。
LINEの友達追加でお役立ち動画をGET!!