問題

3
HTML/CSS

block要素に影をつけよう

Googleが提唱した「マテリアルデザイン」が今も多くのWebサイトで重視されている。マテリアルデザインとはWebページ上のボタンなどを立体的に見せるなど、ユーザーが感覚的に操作できるデザインのこと。今回はそのひとつである影の付け方をマスターしよう!

HTML/CSSの問題に挑戦しよう!

問題

block要素に影をつけよう

block要素に影をつけてみましょう。

実務でも使用する事が多発します。
見本画像を参考に作っていきましょう。

あらかじめエディタに書くコード

                    <div class="block__cat"></div>
¥HTML¥
                
                    .block__cat {
    width: 300px;
    height: 300px;
    border: 1px solid;
    background: red;
}
¥CSS¥
                

期待する画面

解答の画像

解答と解説(block要素に影をつけよう)

解説

LINE登録して解答を見る

※ご登録後トークルーム下部にあるメニュー内
「無料問題集※解答付き」を押すと
解答閲覧用URLが届きます

要素に影つける際には、box-shadowプロパティを使用します。

box-shadow: 左右の向きpx 上下の向きpx ぼかしpx 広がりpx 色 内側指定;のように指定できます。
またpxの指定では、-(マイナス)を使用する事もできるので覚えておきましょう。

補足

box-shadowと似たプロパティに、text-shadowというプロパティもあります。
text-shadowは、テキストに対して影を付ける役割を持ち見出しなどによく使用されています。

指定する際の構文は、box-shadowと似ていて
text-shadow: 左右の向きpx 上下の向きpx ぼかしpx 色;のように指定できます。

ポイント

ブロック要素の影付けはbox-shadowを使おう

CSSでは、影を付けるためのプロパティがいくつか用意されています。
例を挙げると、drop-shadow、text-shadowなどがあります。

CSSで影付けを行なう事で要素を立体的に表現でき、目立たせたい要素などに使用すると便利です。
box-shadowで値を指定する際は、スペースで区切って複数の値を指定するため少し覚えるのが大変です。

さらにスキルアップしたい方は公式LINEから「HTML/CSS」と送信すると動画が見れます。

LINE登録して動画を視聴する
あなたに合った学習プランは?LINE適正コース診断はこちら
最大100,000円OFF 対象期間中に初めて無料相談にお申し込みされた方へ 無料相談はこちら