問題

14
HTML

inputではなくbuttonでボタンを作ってみよう

この問題では、テキストや画像を使ったボタンを作成することのできるbuttonタグについて学習します。 button(ボタン)タグはそのままの意味なので非常に覚えやすいタグですね。 inputタグで作るボタンと何が違うのか?についても理解していきましょう。

ポイント

buttonタグとは

buttonタグとは、formタグで作成したフォームの中で汎用的にボタンを作ることができるHTMLのタグです。
buttonタグで囲ったテキストや画像などはボタン上に表示されます。

inputタグとbuttonタグの違い

HTMLでは、inputタグを使った場合でも同じ機能を持ったボタンの作成が可能です。

inputとbuttonの違いはbuttonの場合、疑似要素を使用する事ができる事に対し、
inputの場合は疑似要素が使えずデザインや動きに限界があります。

hoverアクションを使ったボタンの実装も主流となってきているので
buttonを使ってボタンを作成できるようにしておくといいです。

HTMLの問題に挑戦しよう!

問題

inputではなくbuttonでボタンを作ってみよう

buttonタグを使用して送信ボタンを作成しましょう。
また、送信ボタンの横にフォーム内容をクリアするリセットボタンも作成しましょう。
※name属性を付けましょう

作成イメージは期待する画面を確認してください。

あらかじめエディタに書くコード

                    <form>
  <textarea name="comment" rows="4"></textarea>
</form>
¥HTML¥
                

期待する画面

解答の画像

解答と解説

解説

LINE登録して解答を見る

※ご登録後トークルーム下部にあるメニュー内
「無料問題集※解答付き」を押すと
解答閲覧用URLが届きます

buttonタグで送信ボタンを作成する場合は、inputと同様にtype属性を付与します。
type属性の値は送信ボタンの場合「submit」、リセットボタンは「reset」を指定します。

ボタンを識別するためのname属性も必ず付与しておきましょう。

最後にボタンに表示されるテキストをbuttonタグの間に書けば完成です。

さらにスキルアップしたい方は公式LINEから「HTML」と送信すると動画が見れます。

LINE登録して動画を視聴する
今なら豪華5大特典もらえる! LINE登録でGET