プログラミングスクールに通うのは「無駄」?失敗しないスクール選びのコツを解説

口コミ・評判

プログラミングを学びたい方のなかには、プログラミングスクールでの受講を考えている方もいるでしょう。プログラミングスクールについて調べるうちに、「プログラミングスクールに通うのは無駄」といったことを聞いたことはありませんか?

今回はプログラミングスクールに通うことは本当に無駄なのか、スクールを選ぶコツを解説します。

プログラミングスクールが「無駄」だといわれるのはなぜ?

そもそもどうして、「プログラミングスクールは無駄」という意見があるか気になるものですよね。ここでは主な3つの理由を紹介します。

無料でも学べるから

1つ目の理由は、プログラミングは無料でも学べるからです。

プログラミングスクールに通うと、安くても数十万円かかることがほとんどです。また、学ぶ分野や学習期間によって費用は変動するのでさらに費用が増えることもあります。

最近では無料でプログラミングについて解説している動画やサイトが多くあります。このようなコンテンツを活用すれば、独学でもプログラミングを学ぶことは可能です。

独学であればプログラミングスクールに比べてコストを抑えられるため、プログラミングスクールに通うこと自体がもったいないと感じる方もいるようです。

講師の質が悪い場合があるから

2つ目の理由は、プログラミングスクールによって講師の質に差があることです。

昨今、多くのプログラミングスクールが乱立しています。その中には現場経験があまりない講師が混在していることがあり、講師自身がアルバイトとして契約している場合もあります。

プログラミングスクールにそれなりの費用を支払うにもかかわらず、講師の質が低いと効率的に学べず本末転倒です。

あまりにも講師の質が低い場合は、独学のほうが効率的に学べることもあるかもしれません。そのため、プログラミングスクールに通うことは無駄だという意見が生まれるのです。

実用的なスキルが身に付くとは限らないから

3つ目の理由は、実用的なスキルが身につくとは限らないことです。

プログラミングスクールによっては、アウトプットがカリキュラムに組まれておらず実用的なスキルが身に付けられないこともあります。

プログラミングを学ぶときは、インプットだけでなく、アウトプットを通して実用的なスキルを身に付けることが必要です。カリキュラムによっては、プログラミングスクールに通っても無駄だと考える人が一定数いるのです。

 

プログラミングスクールは費用対効果が良い!【実はお得なワケ】

ここまで、プログラミングスクールが無駄だといわれる理由について解説しました。無駄に感じる人がいるものの、実際はプログラミングスクールは費用対効果が高いと考えられています。

ここではプログラミングスクールがお得といえる理由をご紹介します。

案件単価が高い

プログラミングスクールは確かに費用がかかります。しかし、プログラミングを習得しエンジニアとして案件を受注できるようになれば、受講料をすぐに取り返すことも可能です。

エンジニアは基本的に案件の受注単価が高くなる傾向にあります。例えば、WordPressの制作なら1件あたり5万~10万、週4日~5日勤務のリモートワーク案件なら月45~80万で受注することも可能です。エンジニアは非常に需要がある職業なので、副業として案件を受注している人が多くいます。

学習後に元が取れるのであれば、コストをかけてプログラミングスクールに通っても無駄ではないといえます。

最短でエンジニアになれる

プログラミングスクールの中には、実践的なカリキュラムにこだわっていたり、講師の質を重視したりしているところもあります。また、キャリア相談をはじめ就職・転職サポートを設けているところも多いです。

そのため、就職支援や講師のサポートが手厚いプログラミングスクールに通うことでエンジニアへの最短ルートを築けます。

独学で費用を抑えてプログラミングを学んでも、エンジニアとして案件を受注できなければコストを回収できません。少しでも早くコストを回収できると考えれば、最短でエンジニアになれるプログラミングスクールは費用対効果が高いといえます。

お得なプログラミングスクールの選び方

ここではプログラミングスクールへの投資を無駄にしないための上手な選び方を5つ解説します。

1.オンラインで受講できるか

1つ目は、オンラインで受講ができるかどうかです。

プログラミングスクールにはオンライン形式・通学形式の2つがあり、オンライン形式はさらにオンデマンド型とライブ配信型に分かれます。

オンデマンド型は、同じビデオ教材を複数の生徒に提供しているので費用が抑えられるというメリットがあります。

また生徒は、追加の料金を払わなくても好きなタイミングで何度でも教材を見返せるので費用対効果が高いといえます。さらに、講師の質が均一になることで、どなたでも無駄なく学習してスキルを習得することができます。

プログラミングスクールを選ぶ際は、ぜひオンライン形式でオンデマンド型のスクールを選んでみてください。

2.学びたいカリキュラムがあるか

プログラミングスクールは、複数のカリキュラムを用意しています。プログラミングスクールを選ぶ際は、自分が受講したい分野のコースがあるかを必ず事前に確認するようにしましょう。

あわせて現場で役立つスキルが身に付けられるかどうかチェックすることも大切です。エンジニアとして将来的に活躍するために、実践的なカリキュラムが組み込まれているプログラミングスクールを選ぶことをおすすめします。

3.費用と学習期間に無理はないか

プログラミングスクールは費用対効果が高いと解説しましたが、その費用は決して小さな金額ではありません。受講費用が自分の予算に収まっているか、事前に確認するようにしましょう。

注意点として、プログラミングスキルは一朝一夕で身につくものでありません。無理なカリキュラムで学んだとしても、現場で活躍できなければ徒労に終わってしまいます。そのため、スキルを習得するのに無理なく続けられる学習期間かどうかも確認しましょう。

また、受講期間が無制限になっているところもあるため、自分の学習ペースに合ったプログラミングスクールを選んでみてください。

4.対応時間が長いか

プログラミングスキルを身に付ける上で、講師による質問対応があるかは重要です。初めてプログラミングを学ぶ場合、自力だけでは解決できない課題が生じることもあります。そのような場合、すぐに講師へ質問できる環境があれば、途中でつまずきにくくなります。

また、転職や副業、フリーランスを目指している場合は、転職支援や案件紹介のサポートが受けられるプログラミングスクールを選ぶのがおすすめです。

5.無料体験を実施しているか

プログラミングスクールへの通学を検討するにあたり、自分に合っているのか判断することを難しく感じるかもしれません。

プログラミングスクールによっては、無料体験を実施しているところもあります。無料体験を活用することで、受講前にプログラミングスクールの雰囲気やサービス内容が自分に合っているか事前に確認できます。

なかには無料相談を設けているとこもあるので、キャリアに関する悩みがある方はぜひ相談してみましょう。

費用対効果抜群のプログラミングスクールなら「NINJA CODE」がおすすめ!

費用対効果の高いプログラミングスクールを選びたい方には、NINJA CODEがおすすめです。

NINJA CODEは、独学プラン・案件獲得保証プラン・転職支援プランと未経験からプロレベルまでプログラミングを学べる3つのプランを用意しています。現場で役立つスキルを習得できるよう実践的なカリキュラムが組まれているため、将来エンジニアとして活躍したい方にとってはおすすめです。

また、NINJA CODEでは経験豊富なメンターによる充実したサポートも用意しているので、無理なく学習を続けることができます。

業界最安クラスの受講費用で追加費用も一切かかりません。30分の無料体験と、無料メンター相談も実施しています。

プログラミングスクールの受講が無駄になるのではないかと悩んでいる方は、NINJA CODEまでお気軽にご相談ください。

まとめ

プログラミングスクールは複数の理由により無駄といわれることがあります。しかし、実際には費用対効果が高い学習手段であるといえます。

プログラミングスクールを検討されている方は、事前に要点を確認した上でどのスクールにするか検討してください。