プログラミングスクールの気になる費用は?少しでも安く抑えるコツもご紹介

口コミ・評判

キャリアアップのために、プログラミングを習得したいと考えている方もいるのではないでしょうか。未経験からプログラミングを学ぶ方法としてプログラミングスクールは非常に魅力的ですよね。

とはいえ、プログラミングスクールを検討する際、費用面が気になることも多いでしょう。そこで今回はプログラミングスクールの費用について解説し、少しでも費用を安く抑えるコツをご紹介します。

プログラミングスクールの費用相場

まずは、プログラミングスクールの費用相場をご紹介します。プログラミングスクールでは、学習する分野やスキルによって必要な期間やサポートが異なります。費用は受講期間によって変動することがほとんどです。

プログラミングスクールの期間ごとの費用相場は以下の通りです。

1~3ヶ月:約17万円
3~6ヶ月:約31万円
6ヶ月以上:約47万円

自分が学びたいスキルや必要なサポートを確認し、おおよその学習期間からかかる費用を把握しましょう。

プログラミングスクールの主な費用内訳

プログラミングスクールの費用の内訳は、主に以下の4つに分けられます。

・受講料
・入学金
・パソコン代
・教材費

メンターによる個別指導や転職支援など手厚いサポートが用意されている場合は、相場より受講料が高くなる傾向があります。プログラミングスクールに通うメリットのひとつは、サポートの活用で独学に比べて挫折しにくくなることです。

サポート内容で受講料が変動することから、費用を抑えるためにサポートを外すか迷うこともあるかもしれません。そのような場合は、本当に独学でも根気強く学習を続けられるのかを一度考えてみてください。

入会金は、スクールによって0円から数十万円とばらつきがあるので、初期費用を抑えたい場合は必ず確認することをおすすめします。また、初期費用を抑えたい方はパソコンの貸し出しを無料で行っているスクールを選ぶと良いでしょう。

教材費は、独自の教材開発ノウハウによってオリジナル教材を提供している場合に高くなることがあります。実際のオリジナル教材を事前に確認することができたら、内容が自分の理解度にあっているかによって活用するかを検討すると良いでしょう。

プログラミングスクールを検討する際は、内訳項目ごとに費用を比較すると最適なスクールを見つけやすいでしょう。

独学とプログラミングスクールはどちらがお得?

プログラミングを学習するにあたって、独学での習得を検討している方もいるでしょう。独学はプログラミングスクールに通う場合に比べると費用を抑えられます。

しかし、独学は主に教材を活用しインプットをすることがメインになります。そのため、独学では技術を学んだとしても実務を想定した開発を経験する機会はありません。実践的なスキルを身に付けられないことで、キャリアアップに結びつきづらいといったデメリットがあります。

そのうえ、不明点があった際は自分で調べて解決しなければならないため、習得の段階で行き詰まってしまうことも多いです。

プログラミングスクールは受講費用がかかるものの、課題制作など実践的なカリキュラムが組まれているため、現場で役立つスキルを効率良く身に付けられます。

また、スクールでは講師による指導を受けられます。不明点があればすぐに質問できるので、途中でつまずきにくくなる点もメリットのひとつです。

プログラミングスクールによっては学習後のキャリア相談や案件紹介まで行っているスクールもあります。費用がかかったとしても、その後の案件獲得から報酬を得るまでの流れがスムーズになるため、すぐに費用分を回収できるでしょう。

プログラミングスクールの費用を抑える方法

前述したように、独学に比べて費用がかかるものの、プログラミングを習得しキャリアアップにつなげるにはプログラミングスクールに通うメリットは大きいものです。とはいえ、実際にプログラミングスクールに通うとなると、できるだけ費用を抑えたいものですよね。

ここでは費用を最小限に抑えつつプログラミングスクールに通う方法を解説します。

給付金制度を活用する

給付金制度を利用すると、費用の一部に対してサポートを受けられます。プログラミングスクールの受講費用に適用できる給付金制度には複数あります。それぞれの給付金制度の詳細を紹介しますので、適用要件を確認し、自分に合った給付金制度を選んでみてください。

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度は、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給される制度です。働く方の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的としています。

支給条件は、スクールが厚生労働省から指定を受けていること、雇用保険の支給要件期間が3年以上(初回は1年以上)であることです。活用する際は、要件に当てはまるか事前に確認しましょう。

リスキリングを通じたキャリアアップ支援制度

リスキリングを通したキャリアアップ支援事業は、経済産業省が運営している事業です。本事業に参画している補助事業者を通してプログラミングスクールを受講すると、最大で受講料の70%(56万円)が給付されます。

キャリア相談・リスキリング・転職サポートを一貫して受けられる点がメリットです。

割引キャンペーンを利用する

プログラミングスクールによっては学割や早割、紹介制度などお得なキャンペーンを実施しているところがあります。費用を抑える点では、プログラミングスクールを選ぶときに割引キャンペーンの有無を確認することがおすすめです。

例えば、NINJA CODEでは無料相談でAmazonのギフトカード1,000円分がもらえる非常にお得なキャンペーンを実施しています。気になる方はこちらから詳細をご確認ください。

また、無料メンター相談・無料体験レッスンを受けていただいた方に当日クーポンを配布していることもあります。

オンライン限定のスクールを受講する

オンラインスクールは人件費や校舎にかかる費用が少ないため、その分を受講料に還元しているケースが多くあります。そのため、対面式のプログラミングスクールと比較し受講費用が安くなる傾向にあります。

また、オンラインスクールの中には、授業動画をいつでも視聴できるように配信しているところが多くあります。

そのため、働きながらプログラミングを学習したい人にとっては学習時間の融通が利きやすいがメリットです。授業動画を好きなタイミングで何回でも視聴できるため、一度の授業だけではなかなか覚えきれないことがあっても復習しやすくなります。

授業以外のメンタルサポートやキャリア相談についても、ビデオ通話やチャットなど、オンラインで受けることが可能です。

ただし、オンラインスクールは通学型と比較するとどうしても強制力に劣る部分はあります。オンラインスクールでも計画的に学習を進められるか、よく検討しておきましょう。

まとめ

将来を見据え、プログラミングスキルを身に付けたい場合に独学かプログラミングスクールに通うか迷う方もいるでしょう。プログラミングスクールは独学に比べて費用はかかるものの、メンターによるサポートが受けられる、実務レベルのスキルを身につけられるといったメリットがあります。

もしプログラミングスクールの費用を安く抑えるなら、給金制度や割引キャンペーンを活用しましょう。オンライン限定のスクールに通うのもひとつの手です。

費用を抑えつつ、未経験からプログラミングを学習したい人にはNINJA CODEがおすすめです。NINJA CODEは、自分の叶えたいプランに合わせて3つのプランから選べます。経験豊富なメンターから充実したサポートを受けられるほか、受講費用も10万円以下からと業界最安クラスなので費用を抑えることも可能です。

プログラミングスクールの受講を考えている方は、ぜひNINJA CODEを検討してみてください。