javaScriptでできることは?初心者向けにわかりやすく解説

プログラミング言語の辞書

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

JavaScriptとは

JavaScriptは、ウェブページに動的な機能を追加するためのプログラミング言語です。

ウェブブラウザ上で動作し、HTMLやCSSと組み合わせて使われます。

JavaScriptはクライアントサイドで実行されるため、ユーザーの操作やイベントに応じて動的な動作を行うことができます。

JavaScriptってなんだ?そのような方のために基本をまとめた記事はこちら

JavaScriptの基本的な使い方

外部ファイルとしてのJavaScriptの読み込み

JavaScriptは、HTMLファイル内に直接書くだけでなく、外部のJavaScriptファイルとしても読み込むことができます。

外部ファイルとしてJavaScriptを使用すると、コードの再利用性やメンテナンス性が向上します。外部ファイルの読み込みには、`<script>`タグを使用します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>JavaScriptのサンプル</title>
  <script src="script.js"></script>
</head>
<body>
 <!-- HTMLのコンテンツ -->
</body>
</html>

上記の例では、script.jsという名前の外部ファイルを読み込んでいます。

src属性に外部ファイルのパスを指定し、<script>タグを<head>セクション内または<body>セクション内に配置することで、外部ファイルのコードが実行されます。

変数とデータ型

JavaScriptでは、変数を使用してデータを格納します。変数にはさまざまなデータ型があります。代表的なデータ型には、数値、文字列、真偽値、配列、オブジェクトなどがあります。

// 変数の宣言と代入
var message = "Hello, World!";
var number = 10;
var isTrue = true;
var fruits = ["apple", "banana", "orange"];
var person = { name: "John", age: 30 };

上記の例では、message変数には文字列が、number変数には数値が、isTrue変数には真偽値が、fruits変数には配列が、person変数にはオブジェクトが格納されています。

条件分岐とループ

条件分岐とループは、JavaScriptでよく使用される制御構造です。

条件分岐では、条件式の結果に基づいてコードの実行を分岐させます。代表的な条件分岐の文法には、if文やelse if文、switch文があります。

var age = 18;

if (age < 18) {
 console.log("未成年です");
} else if (age >= 18 && age < 65) {
 console.log("成人です");
} else {
 console.log("高齢者です");
}

ループでは、同じコードを繰り返し実行します。代表的なループの文法には、forループやwhileループがあります。

for (var i = 0; i < 5; i++) {
 console.log("繰り返し処理");
}

var count = 0;
while (count < 3) {
 console.log("繰り返し処理");
 count++;
}

関数の定義と呼び出し

関数は、複数の処理をまとめて実行するためのブロックです。関数を定義しておくと、同じ処理を繰り返し呼び出すことができます。

// 関数の定義
function sayHello() {
 console.log("Hello!");
}

// 関数の呼び出し
sayHello();

上記の例では、sayHelloという名前の関数を定義し、それを呼び出しています。関数内の処理は、関数を呼び出すときに実行されます。

JavaScriptの基本的な使い方として、外部ファイルの読み込み、変数とデータ型、条件分岐とループ、関数の定義と呼び出しを紹介しました。これらの概念を理解して活用することで、より高度なJavaScriptプログラミングが可能となります。

JavaScriptでできること

ユーザーとの対話

JavaScriptを使うことで、ウェブページとユーザーの間で対話が可能になります。ボタンのクリックやフォームの送信などのイベントに応じて、特定の処理を実行したり、ユーザーの入力を受け取ったりすることができます。これにより、ユーザーとのインタラクティブな体験を提供することができます。

例えば、以下のようなJavaScriptコードを考えてみましょう。

function greet() {
 var name = prompt("お名前は何ですか?");
 alert("こんにちは、" + name + "さん!");
}

上記の例では、greetという関数を定義し、prompt関数を使ってユーザーに名前を尋ねます。そして、alert関数を使ってユーザーに対してメッセージを表示します。このように、JavaScriptを使うことでユーザーと対話することができます。

ページの要素の変更

JavaScriptを使うと、ウェブページの要素を動的に変更することができます。HTMLやCSSだけでは実現できない動きや変化を加えることができます。

例えば、以下のようなJavaScriptコードを考えてみましょう。

function changeColor() {
 var heading = document.getElementById("myHeading");
 heading.style.color = "red";
}

上記の例では、changeColorという関数を定義し、getElementByIdメソッドを使って特定の要素(この場合はmyHeadingというIDを持つ要素)を取得し、その色を赤に変更します。これにより、JavaScriptを使ってページの要素のスタイルや表示を動的に変更することができます。

外部APIの利用

JavaScriptを使うことで、外部のAPI(Application Programming Interface)を利用して、さまざまな情報や機能を組み込むことができます。APIは、外部サービスやデータベースからデータを取得したり、他のサービスとの連携を行ったりするためのインターフェースです。

例えば、以下のようなJavaScriptコードを考えてみましょう。

fetch("https://api.example.com/data")
 .then(function(response) {
 return response.json();
})
.then(function(data) {
 console.log(data);
});

上記の例では、fetch関数を使って外部のAPIからデータを取得し、そのデータをコンソールに表示しています。JavaScriptを使うことで、外部のデータやサービスを簡単に利用することができます。

JavaScriptは、ユーザーとの対話やページの要素の変更、外部APIの利用など、さまざまなことができる強力なプログラミング言語です。これらの機能を活用して、より魅力的でインタラクティブなウェブページを作成しましょう。

APIとは、あるコンピュータプログラム(ソフトウェア)の機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。
引用:IT用語辞典 e-Words

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2
あなたの適性学習プランを診断

JavaScriptの注意点

セキュリティ上の注意

JavaScriptはクライアントサイドで実行されるため、悪意のあるユーザーによって悪用される可能性があります。以下のセキュリティ上の注意点に留意することが重要です。

  • 入力値の検証
    ユーザーからの入力値は信頼性がないため、適切な検証を行うことが重要です。不正なデータを受け入れないようにし、サーバーサイドでも検証を行うことでセキュリティを強化しましょう。
  • クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃への対策
    XSS攻撃はJavaScriptを悪用してサイト上に不正なスクリプトを挿入する攻撃です。適切なエスケープやサニタイズ処理を行うことで、このような攻撃から保護しましょう。
  • クリックジャッキングへの対策
    クリックジャッキングは、透明なボタンやリンクを表示してユーザーをクリックさせることで、意図しない操作を行わせる攻撃です。適切なフレームバスティング対策やX-Frame-Optionsヘッダーを使用することで、この攻撃を防止できます。

ブラウザ間の互換性

異なるウェブブラウザやバージョンでは、JavaScriptの動作が異なる場合があります。以下の点に留意して、クロスブラウザ対応を行うことが望ましいです。

  • 標準化されたAPIの使用
    JavaScriptの標準化されたAPIや仕様に基づいて開発することで、異なるブラウザ間での互換性を向上させることができます。公式ドキュメントやリファレンスを参照し、適切な方法で機能を実装しましょう。
  • ブラウザテスト
    開発したJavaScriptコードを主要なブラウザやバージョンでテストすることが重要です。複数の環境で動作確認を行い、互換性の問題を特定して修正することが必要です。
  • ポリフィルやライブラリの活用
    ブラウザ間の互換性を向上させるために、ポリフィルやクロスブラウザ対応のライブラリを使用することも有効です。ただし、必要最小限の使用に留め、パフォーマンスにも注意しましょう。

JavaScriptのセキュリティとブラウザ互換性に関する注意点を遵守することで、安全かつ順調な開発を行うことができます。

クロスブラウザとは、WebサイトやWebページ、Webアプリケーションなどが主要な複数のWebブラウザに同じように対応していること。また、そのようなHTMLやCSS、JavaScript等のコード、ツール、テクニックなどのこと。
引用:IT用語辞典 e-Words

挫折することなくJavaScriptを習得するなら

独学?スクール?

これからJavaScriptなどプログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際に学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でJavaScriptを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。
忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。

「JavaScriptでできること」のまとめ

この記事では、JavaScriptの基本的な使い方や機能について説明しました。外部ファイルとしてのJavaScriptの読み込み方法や変数やデータ型の扱い方、条件分岐やループ、関数の定義と呼び出しについても解説しました。

さらに、JavaScriptの可能性についても触れました。ユーザーとの対話を実現するためのイベント処理やページ要素の変更、外部APIの活用など、さまざまなことがJavaScriptで可能です。

ただし、JavaScriptの使用には注意が必要です。セキュリティ上のリスクやブラウザ間の互換性に留意しましょう。適切なセキュリティ対策やブラウザテストを行い、安全でクロスブラウザ対応の開発を心がけましょう。

JavaScriptは広範な応用が可能な言語であり、ウェブ開発のスキルを向上させるためには欠かせないものです。ぜひ基本を学びながら、実践的な開発に取り組んでみてください。