JavaScriptとは何か?基本概念からわかりやすく解説

プログラミング言語の辞書

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

JavaScriptの概要

JavaScriptは、ウェブ開発における重要なプログラミング言語です。HTMLとCSSと共に、ウェブページやウェブアプリケーションのインタラクティビティや動的な機能を実現するために使用されます。

JavaScriptは、1995年にNetscape Communications(現在のMozilla)によって開発されました。当初はクライアントサイドのスクリプト言語として導入されましたが、その後、サーバーサイドの開発にも利用されるようになりました。

JavaScriptは現在、広範な用途で使用されており、ウェブ開発だけでなく、モバイルアプリ開発やデスクトップアプリ開発など、さまざまなプラットフォームで活躍しています。

JavaScriptの基本的な概念

プログラミング言語としてのJavaScript

JavaScriptは、プログラミングの言語の一つで、初心者にも理解しやすいものです。

変数や条件分岐、繰り返し、関数、オブジェクトなど、プログラミングでよく使う要素が揃っています。他のプログラミング言語とも似た部分がありますが、独自の特徴もあります。

JavaScriptの文法は比較的シンプルで、学習しやすいです。

変数を宣言するときは「var」や「let」、「const」というキーワードを使い、条件分岐では「if文」や繰り返しでは「forループ」などを使います。関数の定義やオブジェクトの操作もできます。

JavaScriptは動的な型付け言語です。

つまり、変数の型をあらかじめ指定する必要はありません。値によって自動的に型が決まります。これにより、柔軟な開発が可能で、さまざまな型のデータを扱うことができます。

クライアントサイドとサーバーサイドのJavaScript

JavaScriptは、主に2つの領域で使用されます。1つはクライアントサイドのJavaScriptであり、もう1つはサーバーサイドのJavaScriptです。

クライアントサイドのJavaScriptは、ウェブブラウザ上で実行されます。ウェブページのHTMLやCSSと組み合わせて使用し、ユーザーとのインタラクションや動的なコンテンツの表示・変更を実現します。クライアントサイドのJavaScriptは、ウェブブラウザが提供するAPI(Application Programming Interface)を利用して、DOM(Document Object Model)を操作したり、イベントを処理したりすることができます。

一方、サーバーサイドのJavaScriptは、サーバーサイドの環境で実行されます。Node.jsと呼ばれるランタイム環境を使用することで、JavaScriptをサーバーサイドで実行することができます。サーバーサイドのJavaScriptは、ウェブアプリケーションのバックエンド処理やデータベースの操作などを行います。Node.jsは非常に高速で拡張性があり、大規模なアプリケーションの開発にも適しています。

「APIって何?」そんな方はこちら

動的なWebページの作成

JavaScriptは、動的なWebページを作るための言語です。静止しているHTMLだけではなく、JavaScriptを使うことで、ユーザーの操作に応じて動くコンテンツを作ったり、既存のコンテンツを変えたりできます。

JavaScriptを使うと、ボタンをクリックしたり、フォームを送信したりといったイベントを検知して、それに対応する処理を実行することができます。また、Ajax(非同期なJavaScriptとXML)を使うと、サーバーと非同期に通信してデータを取得したり送信したりすることもできます。

Ajaxとは、あるWebページを表示した状態のまま、別のページや再読込などを伴わずにWebサーバ側と通信を行い、動的に表示内容を変更する手法。ページ上でプログラムを実行できるプログラミング言語JavaScriptの拡張機能を用いる。
引用:IT用語辞典 e-Words

さらに、JavaScriptはDOM(ウェブページの要素を操作するためのインターフェース)を使って、ウェブページの要素を動的に変更することができます。要素の表示や非表示の切り替え、スタイルの変更、新しい要素を追加したり削除したりなど、いろんな操作ができます。

JavaScriptを使うと、ユーザーとの対話ができるようなWebページやアプリの作成が可能です。ユーザーの体験を向上させ、より動きのある魅力的なコンテンツの提供を実現しましょう。

JavaScriptの特徴

イベント駆動型のプログラミング

JavaScriptは、イベント駆動型のプログラミング言語です。

これは、ユーザーのアクション(例えば、ボタンのクリックやフォームの送信)に応じて、特定のコードが実行されるという意味です。ウェブページ上の要素との対話や動作を制御するために、イベント駆動型のプログラミングは重要です。

例えば、ボタンがクリックされたときに特定の処理を実行するといったことが可能です。

クロスプラットフォームの実行環境

JavaScriptは、さまざまなプラットフォームで実行することができます。

ウェブブラウザ上で実行されるため、特別な設定やインストールは必要ありません。ほとんどのモダンなブラウザはJavaScriptをサポートしており、異なるオペレーティングシステムやデバイスで一貫した動作を実現することができます。

これにより、開発者は様々な環境で同じコードを実行し、効率的に開発することができます。

オブジェクト指向プログラミングのサポート

JavaScriptは、オブジェクト指向プログラミング(OOP)の概念をサポートしています。

OOPは、コードを再利用しやすくし、メンテナンス性を高めるためのプログラミングパラダイムです。JavaScriptでは、オブジェクトと呼ばれるデータ構造を使用して、関連するデータとそれに関連する動作をまとめることができます。これにより、大規模なプログラムを組織化し、柔軟性のあるコードを作成することができます。

JavaScriptは、ウェブ開発のための重要なプログラミング言語であり、その特徴により広範な用途に活用されています。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2
あなたの適性学習プランを診断

JavaScriptの主な用途

ウェブページの動的な操作とインタラクティビティ

JavaScriptは、ウェブページの動的な操作やインタラクティビティの向上に主に使用されます

静的なHTMLページでは、ページの表示内容は固定されており、ユーザーとの対話やコンテンツの変更が制限されます。しかし、JavaScriptを使用することで、以下のような動的な操作が可能となります。

  • イベント処理
    ユーザーの操作(ボタンクリック、マウスオーバーなど)やページの状態変化(ロード完了、フォーム送信など)を検知し、対応する処理を実行します。
  • DOM操作
    ページの要素(テキスト、画像、スタイルなど)を取得・変更したり、新しい要素を作成したりすることができます。
  • アニメーション
    要素の移動、フェードイン・フェードアウトなどのアニメーション効果を追加することができます。
  • データの非同期取得
    サーバーからデータを非同期に取得し、ページの一部を更新したり、動的なコンテンツを表示したりすることができます。

JavaScriptによって、ユーザーとの対話性や動的なコンテンツの生成が可能となり、より魅力的なウェブページを作成することができます。

フロントエンド開発

JavaScriptは、ウェブ開発で重要な役割を果たしています。ウェブやモバイルアプリのデザインや動きを作るのに使われています。

ウェブ開発では、HTMLとCSSと一緒に使って、ユーザーが操作できるボタンや画面の変化を作ります。JavaScriptを使うと、ユーザーがボタンをクリックしたときに何かをするようにしたり、データを取得して表示したりすることができます。

さらに、JavaScriptを基にしたフレームワークやライブラリ(例えば、React.js、Vue.js、Angular)を使うと、より効率的で柔軟なウェブ開発ができます。これらのツールは、コンポーネントベースの開発やデータの管理、ページの切り替えなどの機能を提供しています。

関連記事:「未経験からフロントエンド開発に携わるには」

ITの分野では、ある特定の機能を持ったコンピュータプログラムを他のプログラムから呼び出して利用できるように部品化し、そのようなプログラム部品を複数集めて一つのファイルに収納したものをライブラリという。
引用:IT用語辞典 e-Words

サーバーサイド開発

JavaScriptは、ウェブ開発だけでなく、サーバーサイド開発でも使われています。Node.jsという特別な環境を使うことで、JavaScriptをサーバーサイドで動かすことができます。

サーバーサイドのJavaScript開発では、データベースの操作やAPIの作成、ウェブアプリケーションのロジックなど、バックエンドの処理を担当します。Node.jsは、たくさんのリクエストをスムーズに処理するために、非同期処理やイベント駆動の方式を採用しています。

さらに、サーバーサイドのフレームワーク(例: Express.js、Koa.js)を使うことで、ルーティングやミドルウェアの管理、セッションの処理などを簡単に行うことができます。

JavaScriptを使ったサーバーサイド開発では、フロントエンドとバックエンドの両方を同じ言語で開発することができます。これにより、開発の効率化やスキルの共有が図れます。
全51問!Javascript無料問題集はコチラ▶

挫折することなくJavaScriptを習得するなら

独学?スクール?

これからJavaScriptなどプログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でJavaScriptを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。

関連記事:「未経験でも挫折させないプログラミングスクール忍者CODEとは?」

忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。