フリーランスエンジニアになるには?必要なスキルや案件獲得のコツ

キャリア(副業、転職、フリーランス)

現代の労働環境の変化に伴い、フリーランスエンジニアとして活躍する人々が増えています。

自由な働き方やプロジェクトの選択肢、収入の可能性など、フリーランスエンジニアとしての魅力は多岐にわたります。

しかし、フリーランスエンジニアになるには、特定のスキルや戦略が必要です。本記事では、フリーランスエンジニアになるために必要なスキルや案件獲得のコツについて探っていきます。

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

LINE登録で学習動画が体験できる!
\LINE登録で副業に役立つ情報も!/

\最短1時間後の当日予約も可能!/無料メンター相談のご予約

フリーランスエンジニアとは

まず、フリーランスエンジニアとは、独立して活動し、エンジニアリングやプログラミングのスキルを持ち、クライアントのプロジェクトに参加する専門家です。通常、プロジェクトベースで仕事を受け、自らのスキルや知識を活かしてクライアントの要求に応えます。

フリーランスエンジニアは、従業員として雇われるのではなく、自営業者として活動するため、自らのスケジュールや仕事の範囲を自由に決めることができます。また、自らのスキルを活かしてさまざまなクライアントと取引することで、収入の機会を広げることも可能です。

フリーランスエンジニアとしての活動は、自由な働き方やプロジェクトの選択肢、収入の可能性など、魅力的な側面を持っています。しかし、成功するためには、特定のスキルや戦略を持つ必要があります。

次のセクションでは、フリーランスエンジニアになるために必要なスキルについて詳しく見ていきましょう。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアとして成功するためには、以下のようなさまざまなスキルが求められます。

技術スキル

まず、フリーランスエンジニアには高度な技術スキルが不可欠です。

プログラミング言語やフレームワークに精通していることはもちろんのこと、ウェブ開発、モバイルアプリ開発、データベース設計など、特定の領域において深い知識を持つことが重要です。

技術の進化が速い現代では、常に最新の技術トレンドについて学習し、自身のスキルセットをアップデートすることも大切です。

コミュニケーションスキル

フリーランスエンジニアは、クライアントとの円滑なコミュニケーションが重要な役割を果たします。

クライアントの要件や目標を正確に理解し、適切な形で意思疎通する能力が求められ、プロジェクトの進捗状況や課題についてもクライアントと適切にコミュニケーションを取ることが必要です。効果的なコミュニケーションスキルは、プロジェクトの成功につながる要素となります。

プロジェクト管理スキル

フリーランスエンジニアは、自身の仕事を管理する必要があります。プロジェクトの計画、タスクの設定、期限の管理、優先順位の決定など、効果的なプロジェクト管理スキルが求められます。

時間管理やタスクのデリゲーション、リソースの最適化など、効率的にプロジェクトを進めるためのスキルを持つことが重要です。

これらのスキルを習得し、日々の実践で経験を積むことで、フリーランスエンジニアとしての能力を高めていくことができます。次のセクションでは、フリーランスエンジニアとしての活動方法について詳しく見ていきましょう。

フリーランスエンジニアとしての活動方法

フリーランスエンジニアとして成功するためには、自身のスキルや経験を適切にアピールし、クライアントからの信頼と案件獲得につなげる必要があります。

以下では、フリーランスエンジニアとしての活動方法について紹介します。

ポートフォリオの作成

まず、自身の実績や成果物をまとめたポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオは、クライアントに自身のスキルや能力を視覚的に示すための重要なツールです。

自身が過去に手がけたプロジェクトの概要や成果、使用した技術などを明確に記載し、デザインやレイアウトにも注意を払って魅力的に仕上げましょう。

プロフェッショナルなオンラインプレゼンスの構築

オンラインプレゼンスを構築することは、フリーランスエンジニアにとって重要です。自身のウェブサイトやプロフィールページを作成し、自己紹介やスキル、ポートフォリオなどを掲載しましょう。

また、SNSや専門のプロフェッショナルネットワーキングサイトでの活動もおすすめです。定期的にコンテンツを投稿したり、業界のトピックに関与したりすることで、自身の専門知識や存在感をアピールすることができます。

ネットワーキングとコミュニティ参加

フリーランスエンジニアとしての活動では、ネットワーキングとコミュニティ参加が重要です。関連する業界イベントやコミュニティに参加し、他の専門家やクライアントとつながりを築きましょう。

相互の知識共有や情報交換、お互いのニーズやプロジェクトの相談などが可能になります。また、他のフリーランスエンジニアとの交流も重要です。お互いの経験やノウハウを共有することで、成長と相互支援を図ることができます。

これらの活動を通じて、自身の存在をアピールし、クライアントとの信頼関係を築き、案件獲得の機会を広げていきましょう。最後にまとめをご紹介します。

案件獲得のコツ

プロジェクトマーケットプレイスの活用

プロジェクトマーケットプレイス(フリーランスプラットフォーム)を活用することで、多くの案件にアクセスすることができます。

登録やプロフィールの作成を行い、自身のスキルや経験を明確にアピールしましょう。プラットフォーム上での評価やレビューの積極的な収集も重要です。

既存のコネクションの活用

既存の人脈やコネクションを活用して案件を獲得することも有効です。

過去のクライアントや元同僚など、信頼関係のある人々に自身のフリーランス活動を紹介し、案件の紹介や推薦を依頼することができます。人々に自身の活動を知ってもらい、口コミや紹介によって案件を得ることができるでしょう。

ブランディングとマーケティング

自身のブランディングとマーケティングを行うことも重要です。ウェブサイトやSNSを活用して自身の専門知識や成果物を積極的に発信しましょう。

クライアントに対して自身の価値を明確に伝えることで、信頼を築き、案件の獲得につなげることができます。また、SEO対策や広告などのマーケティング手法を活用することも検討してください。

これらのコツを念頭において、積極的なアプローチや自己プロモーションを行い、クライアントとの関係構築を図ることで、案件を獲得する可能性を高めることができます。

フリーランスエンジニアのメリットとデメリット

メリット

自由な働き方

フリーランスエンジニアは自身のスケジュールや働く場所を自由に選ぶことができます。自己管理やワークライフバランスの調整がしやすく、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

高収入の可能性

フリーランスエンジニアはクライアントと直接契約を行うため、中間業者の手数料が発生せず、報酬を高く設定できる場合があります。また、能力や実績に応じて報酬をアップさせることも可能です。

多様なプロジェクトに携わる機会

フリーランスエンジニアは様々なクライアントやプロジェクトと関わる機会があります。異なる業界や技術領域にチャレンジすることで、幅広い経験を積むことができます。

デメリット

収入の不安定性

フリーランスエンジニアは案件によって報酬が変動するため、収入の安定性が低いというデメリットがあります。プロジェクトの獲得やクライアントとの契約によって収入が左右されるため、収入の管理や予測が難しい場合があります。

自己責任の重さ

フリーランスエンジニアは自身でビジネスの運営や顧客対応を行う必要があります。

プロジェクトの進行管理や契約書の作成など、ビジネス上の責任が一身にのしかかるため、負荷が高いと言えます。

社会保障の不備

正規の雇用形態ではないため、フリーランスエンジニアは社会保障制度の恩恵を受けることができません。健康保険や年金などの保険料や手続きについても自身で管理する必要があります。

フリーランスエンジニアとして働く際には、これらのメリットとデメリットを考慮し、自身のライフスタイルや目標に合った選択をすることが重要です。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

LINE登録
LINE登録で無料お試し動画視聴などお得情報がもりだくさん!

\最短1時間後の当日予約も可能!/無料メンター相談のご予約

成功するための心構え

常に学習と成長を続ける

成功するフリーランスエンジニアとしては、常に学習と成長を続ける姿勢が重要です。

技術や業界のトレンドに敏感であり、新しいスキルやツールに積極的に取り組むことで、自身の価値を高めることができます。定期的な勉強や研究、技術コミュニティへの参加などを通じて、専門知識を深めましょう。

継続的な自己マネジメント

フリーランスエンジニアとして成功するためには、継続的な自己マネジメントが必要です。

自身のスケジュールやタスクの管理、効果的な時間管理、プロジェクトの優先順位付けなどを行い、生産性を最大化しましょう。また、自己啓発や健康管理なども含め、バランスの取れた生活を送ることも大切です。

信頼と品質を重視する

成功するフリーランスエンジニアには、信頼と品質への取り組みが欠かせません。クライアントとのコミュニケーションを重視し、約束を守ることで信頼関係を築きましょう。

また、高品質な成果物を提供することでクライアントの期待に応え、満足度を高めることが重要です。自身の仕事に誇りを持ち、常に最善の成果を追求しましょう。

これらの心構えを持ちながら、常に向上心を持ち続け、クライアントや業界内での評価を高めることが成功への道です。

挫折することなくエンジニアを目指すなら

独学?スクール?

これからHTMLやCSSなどプログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際に学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でHTMLやCSSを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。
忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。

まとめ

フリーランスエンジニアになるためには、必要なスキルや活動方法を理解し、成功するための心構えを持つことが重要です。

必要なスキルとしては、技術スキル、コミュニケーションスキル、プロジェクト管理スキルなどが挙げられます。

活動方法としては、ポートフォリオの作成やオンラインプレゼンスの構築、ネットワーキングとコミュニティ参加が重要です。

案件獲得のコツとしては、プロジェクトマーケットプレイスの活用や既存のコネクションの活用、ブランディングとマーケティングの取り組みが効果的です。

フリーランスエンジニアのメリットとデメリットについては、自由な働き方や高収入の可能性がある一方で、収入の不安定性や自己責任の重さ、社会保障の不備があることを考慮する必要があります。

成功するための心構えとしては、常に学習と成長を続けること、継続的な自己マネジメント、信頼と品質を重視することが重要です。

これらの要素をバランスよく取り入れながら、自身のスキルや経験を活かしてフリーランスエンジニアとしてのキャリアを築いていきましょう。