Webデザイナーの仕事内容とは?年収や将来性なども含めて解説

キャリア(副業、転職、フリーランス)

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは、ウェブサイトやウェブアプリケーションのデザインを専門に手掛けるプロフェッショナルです。

Webデザイナーは、美しく魅力的なウェブデザインを作り上げるために、デザインの原則やユーザビリティの考え方、最新のテクノロジーに精通しています。コンテンツの配置、色の選択、グラフィックの作成、ユーザーインターフェースの設計など、さまざまな要素を組み合わせてウェブページを作り上げます。

ユーザーに快適な閲覧体験を提供し、クライアントのブランドやメッセージを効果的に伝えることにあります。Webデザイナーはクリエイティブな視点を持ちながらも、テクニカルなスキルと問題解決能力も求められる職種です。

次に、Webデザイナーの具体的な仕事内容について詳しく見ていきましょう。

Webデザイナーの仕事内容

ウェブサイトのデザイン

Webデザイナーの主要な仕事の一つは、ウェブサイトのデザインです。彼らはクライアントの要件やブランドイメージに基づいて、魅力的で使いやすいウェブデザインを作成します。

これには、ページのレイアウトや構成、カラースキームの選択、フォントの使用などが含まれます。

また、ウェブサイトの目的やターゲットユーザーに合わせて、適切な視覚的要素やコンテンツの配置を考慮します。Webデザイナーはデザインソフトウェアやグラフィックツールを使用して、ウェブサイトのデザインコンセプトを具現化します。

ユーザーインターフェース(UI)の設計

Webデザイナーは、ウェブサイトのユーザーインターフェース(UI)の設計も担当します。UIデザインは、ユーザーがウェブサイトと対話するためのインターフェース要素をデザインするプロセスです。

彼らは使いやすさと視覚的な魅力を両立させるために、ナビゲーションメニューやボタン、フォームなどの要素を設計します。UIデザインにおいては、ユーザビリティの考え方やインタラクションデザインの原則に基づいて、ユーザーがスムーズに操作できるインターフェースを作り出すことが求められます。

レスポンシブデザインの実装

近年、様々なデバイス(スマートフォン、タブレット、デスクトップ)でのウェブ閲覧が一般的になっています。そのため、Webデザイナーはレスポンシブデザインの実装にも取り組む必要があります。

レスポンシブデザインとは、異なるデバイスや画面サイズに対応するために、ウェブサイトが自動的に適応するデザインのことです。Webデザイナーは、メディアクエリやフレキシブルなレイアウトなどのテクニックを使用して、レスポンシブなウェブサイトを作成します。

グラフィックデザインの作成

Webデザイナーは、グラフィックデザインのスキルも必要とされます。彼らはウェブサイトやアプリケーションに使用されるロゴ、アイコン、バナー、画像などのグラフィック要素をデザインします。

グラフィックデザインには、色彩理論やコンポジションの原則を活用して、視覚的に魅力的で伝わりやすいデザインを作り出す能力が求められます。

Webデザイナーはこれらの仕事を通じて、ウェブ上でのユーザーエクスペリエンスを向上させるために、美学、クリエイティビティ、テクニカルスキルを組み合わせて活用します。次に、Webデザイナーに求められるスキルや知識について詳しく見ていきましょう。

Webデザイナーの必要なスキルと知識

ウェブデザインツールの使用

Webデザイナーにとって、ウェブデザインツールの使い方は非常に重要です。代表的なツールとしてはAdobe Photoshop、Adobe Illustrator、Sketch、Figmaなどがあります。

これらのツールを使って、グラフィックの作成や画像の編集、レイアウトの設計などを行います。Webデザインツールに精通し、効果的に活用することで、デザインの品質や効率性を高めることができます。

HTMLとCSSの基礎知識

WebデザイナーはHTMLとCSSの基礎知識を持つことが求められます。HTMLはウェブページの構造を作成するためのマークアップ言語であり、CSSはウェブページのスタイルやデザインを指定するためのスタイルシート言語です。
デザイナーはHTMLの要素や属性、CSSのセレクタやプロパティを理解し、デザインを実装するために必要なコーディングを行います。基礎知識を持つことで、デザインと実装の連携がスムーズに行えます。

カラーセンスとデザインセンス

Webデザイナーにはカラーセンスとデザインセンスが重要です。カラーセンスとは、色彩の理解や調和を感じ取る能力です。適切なカラースキームを選ぶことで、ウェブデザインの魅力やブランドイメージを引き立てることができます。

また、デザインセンスは視覚的な感性やデザインのバランスを判断する能力です。レイアウト、フォントの選択、要素の配置など、デザインにおいて全体の一貫性や美しさを追求することが求められます。カラーセンスとデザインセンスを磨くことで、魅力的でユーザビリティの高いデザインを生み出すことができます。

Webデザイナーはこれらのスキルと知識を持つことで、クライアントやユーザーのニーズに応える高品質なウェブデザインを提供することができます。次に、Webデザイナーの年収について見ていきましょう。

Webデザイナーの年収

年収の一般的な範囲

Webデザイナーの年収は、経験やスキルレベル、地域など様々な要素によって異なりますが、一般的な範囲は約300万円から1000万円以上と言われています。

初めてのWebデザイナーの場合や経験が浅い場合は、年収が低めになることがありますが、経験を積みスキルを磨いていくことで年収も上昇していく傾向があります。

年収を左右する要素

年収を左右する要素はいくつかあります。

以下に挙げる要素が特に影響を与えることがあります。

  • 経験とスキルレベル
    Webデザイナーの経験とスキルレベルは年収に直結します。経験豊富で高度なスキルを持っているデザイナーは、より高い報酬を得ることができる傾向があります。
  • ポートフォリオ
    優れたポートフォリオを持つことは、クライアントや雇用主に対して自身の能力をアピールする重要な要素です。ポートフォリオには実績やデザインの品質が反映されるため、年収にも影響を与えることがあります。
  • 地域
    所在地によっても年収に差が出ることがあります。大都市や経済の中心地では需要が高く、それに応じて報酬も高めになることが多いです。
  • 雇用形態
    フリーランスや独立したWebデザイナーの場合、プロジェクトごとに報酬を受け取るため、年収が変動することがあります。一方、企業に所属している場合は、固定給与やボーナスなどの形で収入を得ることが一般的です。

これらの要素は年収に影響を与える一部ですが、個々の状況や市場の動向によっても異なる可能性があります。Webデザイナーとしてのキャリアを築く過程で、スキルの向上や経験の積み重ねに注力することで、年収の向上につなげることができます。

最後に、Webデザイナーの将来性について見ていきましょう。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2>
質問に答えて簡単1分の適正プラン診断!

Webデザイナーの将来性

デジタル化の進展による需要の増加

Webデザイナーの将来性は非常に高いと言えます。現代社会ではデジタル化が進展し、企業や個人がウェブ上で存在感を示すことが不可欠となっています。

ウェブサイトやモバイルアプリなどのデザインは、企業のブランドイメージやユーザーエクスペリエンスに大きな影響を与えます。そのため、Webデザイナーの需要はますます高まっています。

新しいテクノロジーとの関連性

Webデザイナーは常に新しいテクノロジーとの関連性を持つ必要があります。ウェブの進化に伴い、新しいデバイスやブラウザ、プログラミング言語、フレームワークなどが登場しています。

これらのテクノロジーに対応し、最新のトレンドやベストプラクティスに精通していることが求められます。新しいテクノロジーに対応できる柔軟性とアップデート意欲を持つことで、Webデザイナーとしての将来性を高めることができます。

スキルの継続的な学習と成長の重要性

Webデザインは常に進化している分野であり、スキルの継続的な学習と成長が求められます。新しいデザイン手法やツール、プラットフォームなどに対して積極的に学習し、自己をアップデートすることが重要です。

また、デザインに関連する他のスキルや知識(ユーザビリティ、アクセシビリティ、コンテンツ戦略など)も取得することで、より幅広い業務に対応できます。スキルの継続的な学習と成長によって、将来的なキャリアの展望を広げることができます。

以上の要素により、Webデザイナーの将来性は明るいと言えます。デジタル化の進展に伴う需要の増加や新しいテクノロジーとの関連性、スキルの継続的な学習と成長の重要性を意識しながら、自身の能力を磨き続けることが重要です。

挫折することなくWebデザイナーを目指すなら

独学?スクール?

これからWebデザインの学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際に学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、何か違うなと立ち止まったとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でWebデザインの学習を挫折する方が多くいます。

実際にWebデザイン初学者が挫折をする理由の一つに「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、Webデザインの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

デザインスクールやプログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「Webデザインを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているデザインスクールやプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でWebデザインを学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人で実践レベルのWebデザインスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。
忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながらWebデザインに関する内容も含め、圧倒的学習ボリュームを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにWebデザインの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのデザイナーに相談できない環境下でデザインスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくWebデザインスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。

まとめ

Webデザイナーはウェブサイトのデザインやユーザーインターフェースの設計、レスポンシブデザインの実装などを担当します。

必要なスキルとしてはウェブデザインツールの使用やHTML/CSSの基礎知識、カラーセンスやデザインセンスがあります。年収は経験やスキルレベル、地域によって異なり、一般的な範囲は約30万円から100万円以上です。

将来性はデジタル化の進展による需要の増加や新しいテクノロジーとの関連性、スキルの継続的な学習と成長の重要性により明るいものと言えます。Webデザイナーとしてのキャリアを築くためには、常に最新のトレンドに対応しスキルを磨き、ポートフォリオを充実させることが求められます。