インフラエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性などを解説

キャリア(副業、転職、フリーランス)

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、情報技術(IT)インフラストラクチャの設計、構築、および維持管理に関わる専門家です。

ITインフラストラクチャとは、サーバー、ネットワーク、ストレージ、データセンターなど、システムやアプリケーションを支えるための基盤となる要素のことを指します。

インフラエンジニアは、これらの要素を効率的に動作させ、安定した環境を提供するために幅広いスキルと知識を持っています。

次のセクションからインフラエンジニアの具体的な仕事内容について詳しく見ていきましょう。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラストラクチャの設計と構築

インフラエンジニアの主な仕事の一つは、情報技術(IT)インフラストラクチャの設計と構築です。これは、新しいシステムの導入や既存システムのアップグレード時に行われます。

インフラエンジニアは、要件や目標に基づいて適切なハードウェアやソフトウェアの選定を行い、ネットワークの設定やサーバーの構築、データセンターの構築などを担当します。

さらに、スケーラビリティや可用性、セキュリティなどの要素を考慮しながら、効率的で信頼性の高いシステム環境を構築します。

システムの監視とトラブルシューティング

インフラエンジニアは、システムの監視とトラブルシューティングも重要な役割として担当します。

定期的な監視やモニタリングを通じて、インフラストラクチャのパフォーマンスや安定性を確保し、障害や問題の早期発見を行います。

もし障害やエラーが発生した場合、インフラエンジニアは迅速に対応し、トラブルシューティングを行います。原因の特定や修復手順の策定、復旧作業などを行い、システムの正常な動作を回復させるために努力します。

セキュリティ対策とリスク管理

インフラエンジニアは、セキュリティ対策とリスク管理も重要な任務として担当します。システムの安全性やデータの保護を確保するために、セキュリティポリシーやアクセス制御の設計と実装を行います。

また、脅威やセキュリティリスクに対する監視や対策を行い、セキュリティインシデントへの対応や復旧策の策定も行います。リスク管理においては、災害復旧計画の策定やバックアップ戦略の実施など、ビジネスにおけるリスクを最小限に抑えるための対策を行います。

インフラエンジニアは、これらの業務を通じてシステムの信頼性、可用性、パフォーマンス、セキュリティを確保し、組織のスムーズな運営に貢献します。次に、インフラエンジニアの年収について見ていきましょう。

インフラエンジニアの年収

年収の要素と変動要因

インフラエンジニアの年収は、さまざまな要素や変動要因に影響を受けます。

主な要素としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 経験とスキルレベル: インフラエンジニアの経験や専門知識の豊富さは、年収に大きな影響を与えます。より高度なスキルや専門知識を持つエンジニアは、需要が高くなり、高い報酬を得る傾向があります。
  • 職務の範囲と責任: インフラエンジニアの職務範囲や責任の大きさも、年収に影響を与えます。プロジェクトの規模や重要度、管理するシステムの規模などが考慮されます。
  • 所在地: 勤務地や地域によっても、インフラエンジニアの年収は異なります。大都市や経済的に発展している地域では一般的に高い年収が期待できます。

これらの要素に加えて、市場の需要と供給のバランス、経済状況、企業の規模や業種なども年収に影響を与える変動要因となります。

年収の平均値とレンジ

インフラエンジニアの年収は、地域や企業によって異なりますが、一般的には高い水準に位置しています。具体的な数値は変動するため、以下の数字はあくまで一般的な目安として参考にしてください。

日本においては、インフラエンジニアの年収の平均値は約500万円から800万円程度とされています。ただし、経験やスキルのレベルによっては、年収が1000万円を超えるケースもあります。

また、大企業やグローバル企業では、年収がさらに高くなることがあります。一方で、中小企業や新興企業では年収がやや低めになる傾向があります。

スキルや経験による年収の増減

インフラエンジニアの年収は、スキルや経験のレベルによっても増減します。以下は一般的な傾向です。

  • スキルの習得: インフラエンジニアが新しい技術やツールを習得し、幅広いスキルセットを持つ場合、需要が高まります。特に最新のクラウドテクノロジーやセキュリティ対策などの専門知識を持つエンジニアは、高い報酬を得ることができるでしょう。
  • 経験の積み重ね: 経験豊富なインフラエンジニアは、プロジェクトの成功やトラブルシューティングのスキルなど、実務での成果を積み重ねてきます。経験に基づく知識や洞察力は高く評価され、年収に反映されることがあります。

ただし、個別の企業や地域によっても異なるため、具体的な年収は就業条件や交渉によって決まることに注意が必要です。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2>
質問に答えて簡単1分の適正プラン診断!

インフラエンジニアの将来性

クラウド技術の普及と需要の増加

インフラエンジニアの将来性は非常に高いと言えます。特にクラウド技術の普及と需要の増加が大きな要因となっています。クラウド技術は、企業がデータやアプリケーションをオンプレミスのインフラからクラウドプロバイダーに移行することを可能にします。

これにより、柔軟性、拡張性、コスト効率の向上が実現され、多くの企業がクラウドインフラストラクチャを採用しています。

インフラエンジニアは、クラウドプロバイダーと連携し、クラウドインフラストラクチャの設計、構築、監視、セキュリティ対策などを担当します。需要の増加に伴い、クラウドプラットフォームの専門知識とスキルを持つインフラエンジニアはますます重要な存在となっています。

デジタルトランスフォーメーションの進展

デジタルトランスフォーメーションが進む現代のビジネス環境では、企業がデジタル技術を活用して業務を効率化し、競争力を強化することが求められています。

インフラエンジニアは、デジタルトランスフォーメーションの推進において重要な役割を果たします。

デジタル化に伴い、インフラエンジニアは新たな技術トレンドやツールに対応し、柔軟なインフラストラクチャの構築や運用を行う必要があります。ビッグデータ、人工知能、インターネット・オブ・シングス(IoT)などのテクノロジーに対する理解と専門知識を持つことで、将来的なキャリアの展望が広がります。

セキュリティおよびデータ保護の重要性の高まり

セキュリティとデータ保護の重要性はますます高まっており、インフラエンジニアにはこれらの分野でのスキルと専門知識が求められています。データの保護、脅威や攻撃への対策、セキュリティインシデントの監視と対応など、インフラエンジニアは組織のセキュリティを確保するために重要な責任を担っています。

データ漏洩やサイバー攻撃のリスクが高まる中で、セキュリティに関する知識と経験を持つインフラエンジニアの需要はますます増加しています。セキュリティ対策の専門家としての役割を果たすことで、インフラエンジニアの将来性はより一層高まるでしょう。

総じて言えることは、インフラエンジニアの将来性は非常に明るいということです。クラウド技術の普及、デジタルトランスフォーメーションの進展、セキュリティおよびデータ保護の重要性の高まりなど、多くの要因がインフラエンジニアの需要を支えています。

スキルの継続的な学習と成長によって、将来的なキャリアの発展とさまざまな機会を追求することが重要です。

まとめ

インフラエンジニアは、インフラストラクチャの設計、構築、監視、トラブルシューティング、セキュリティ対策など、企業の技術インフラを管理する役割を担います。

インフラエンジニアの年収は、スキルや経験、地域、企業によって異なりますが、一般的には高収入の職業とされています。

将来性については、クラウド技術の普及やデジタルトランスフォーメーションの進展により需要が増加しています。また、セキュリティおよびデータ保護の重要性の高まりもインフラエンジニアにとって好機となっています。スキルの継続的な学習と成長によって、将来的なキャリアの展望が広がります。

インフラエンジニアの役割は絶えず進化しており、ビジネス環境の変化に柔軟に対応する能力が求められます。インフラエンジニアは技術の最前線に立ち、企業の競争力を支える重要な存在となっています。