あなたに合った学習プランは?LINE適正コース診断はこちら プログラミングが全て無料で学習可能!
AWSとは?いまさら聞けない基礎知識を初心者向けに解説 - 忍者CODEマガジン

AWSとは?いまさら聞けない基礎知識を初心者向けに解説

基礎知識

クラウドコンピューティングは、現代のテクノロジーランドスケープにおいて重要な役割を果たしています。その中でも、Amazon Web Services(AWS)は最も広く使われているクラウドプラットフォームの一つです。

本記事では、AWSについて初心者向けに解説します。

AWSとは何か、主なサービスはどのようなものがあるのか、そしてAWSの利用方法や事例などについて探っていきましょう。

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

AWSとは

AWS(Amazon Web Services)は、Amazonが提供するクラウドコンピューティングプラットフォームです。クラウドコンピューティングとは、インターネットを介してコンピュータリソース(サーバー、ストレージ、データベースなど)をオンデマンドで提供することを意味します。

AWSは、世界中のさまざまな規模の組織や個人開発者に対して、柔軟性、スケーラビリティ、信頼性、セキュリティなどのメリットをもたらしています。AWSのクラウドサービスは、インフラストラクチャ、プラットフォーム、ソフトウェアなどのさまざまなレベルで提供されており、必要なサービスを選択して利用することができます。

AWSの特徴的な点は、その広範なサービスの提供です。コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、セキュリティ、AI/機械学習、データ分析、開発ツールなど、数多くのサービスが用意されています。これにより、さまざまなニーズに合わせたクラウドソリューションを構築することができます。

AWSは、その堅牢なインフラストラクチャと世界中のリージョン(地域)におけるデータセンターの展開により、高い可用性と耐障害性を提供しています。また、セキュリティも重要な要素であり、AWSはセキュリティに関するベストプラクティスを採用し、多層のセキュリティ対策を提供しています。

さらに、AWSは従量課金制度を採用しており、必要なリソースの使用量に応じて料金が発生します。これにより、コスト効率の高いクラウド利用が可能となります。

次のセクションでは、AWSの主なサービスについて詳しく見ていきましょう。

AWSの主なサービス

コンピューティングサービス

AWSのコンピューティングサービスには、以下のようなものがあります。

  • Amazon EC2(Elastic Compute Cloud):仮想サーバーを提供し、必要に応じてスケーリングが可能です。
  • AWS Lambda:イベント駆動型のサーバーレスコンピューティングサービスで、コードの実行に必要なサーバーの管理をする必要がありません。
  • AWS Batch:大規模なバッチ処理やハイパフォーマンスコンピューティングを実行するためのサービスです。

ストレージとデータベース

AWSのストレージとデータベースサービスには、以下のようなものがあります。

  • Amazon S3(Simple Storage Service):スケーラブルなオブジェクトストレージサービスで、さまざまなデータの保存に使用されます。
  • Amazon RDS(Relational Database Service):管理されたリレーショナルデータベースサービスで、MySQL、PostgreSQL、Oracleなどのデータベースエンジンを利用できます。
  • Amazon DynamoDB:フルマネージドなNoSQLデータベースサービスで、スケーラビリティと高速性を提供します。

ネットワーキングとコンテンツ配信

AWSのネットワーキングとコンテンツ配信に関連する主要なサービスには、以下のものがあります。

  • Amazon VPC(Virtual Private Cloud):カスタム仮想ネットワークを構築し、AWSリソースをセキュアに接続するためのサービスです。
  • AWS Direct Connect:オンプレミス環境とAWS間の高速で安全な通信を確立するためのサービスです。
  • Amazon CloudFront:コンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービスであり、グローバルなユーザーに対して高速なコンテンツ配信を実現します。

AI/機械学習

AWSはAI(人工知能)と機械学習に関連するサービスも提供しています。

  • Amazon Rekognition:画像やビデオの分析を行い、オブジェクト、顔、テキストなどを識別するためのサービスです。
  • Amazon SageMaker:機械学習モデルの作成、トレーニング、デプロイメントを簡素化するためのマネージドサービスです。

データ分析

データ分析に関連するAWSのサービスには、以下のものがあります。

  • Amazon Redshift:ペタバイト規模のデータウェアハウスサービスで、高速なクエリと分析を可能にします。
  • Amazon Athena:サーバーレスなインタラクティブクエリサービスで、S3に保存されたデータを簡単に分析できます。

開発ツール

AWSは開発者向けにもさまざまなツールを提供しています。

  • AWS CloudFormation:インフラストラクチャをコードで管理し、スタックとしてデプロイできるサービスです。
  • AWS CodePipeline:連続的なアプリケーションデリバリーパイプラインを作成および管理するためのサービスです。

これらはAWSの主要なサービスの一部ですが、さらに多くのサービスが存在します。開発、運用、セキュリティ、データ処理などのさまざまな領域で利用できる幅広いサービスを提供しています。

AWSの特徴

スケーラビリティと柔軟性

AWSは、スケーラビリティと柔軟性に優れた特徴を持っています。必要に応じてリソースを迅速にスケールアップまたはスケールダウンできるため、ビジネスの成長や需要の変動に柔軟に対応することができます。

また、AWSの多くのサービスは、利用者が必要な機能を選択して組み合わせることができるため、個々のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

耐障害性と可用性

AWSは、高い耐障害性と可用性を提供します。AWSのインフラストラクチャは、複数の地理的領域に分散されており、物理的なハードウェアの障害や自然災害に対して冗長性を持っています。

さらに、AWSのサービスは冗長なアーキテクチャと自動化されたバックアップ、フェイルオーバー機能を備えており、サービスの中断やデータの損失を最小限に抑えることができます。

セキュリティ

AWSはセキュリティに非常に重視しており、幅広いセキュリティ機能とベストプラクティスを提供しています。AWSのデータセンターやネットワークは厳格な物理的セキュリティ対策が施されており、データの保護とプライバシーの確保が行われています。

さらに、AWSはアクセス制御、暗号化、監査ログ、セキュリティイベントの監視などの高度なセキュリティ機能を提供しており、セキュリティに関する様々な要件を満たすことができます。

料金体系

AWSの料金体系は、利用者が必要なサービスとリソースに対してのみ支払いを行うことができる柔軟な仕組みを提供しています。AWSでは従量制課金モデルが採用されており、実際に使用したリソースの量に応じて料金が発生します。

さらに、AWSは料金計算ツールやコスト管理ツールを提供しており、利用者は自身のリソース使用量と費用を可視化し、効果的なコスト管理を行うことができます。

AWSの特徴として、スケーラビリティと柔軟性、耐障害性と可用性、セキュリティ、料金体系が挙げられます。これらの特徴は、多くのビジネスや組織にとってAWSを魅力的な選択肢としています。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2
あなたの適性学習プランを診断

AWSの利用方法

アカウントの作成

AWSを利用するためには、まずアカウントを作成する必要があります。AWSの公式ウェブサイトにアクセスし、アカウント作成の手順に従って必要な情報を入力します。

アカウント作成にはクレジットカード情報が必要となる場合があります。アカウント作成後、AWSのサービスとリソースにアクセスするための認証情報が提供されます。

サービスの選択と設定

AWSの利用目的に応じて、適切なサービスを選択して設定します。AWSのウェブコンソールにログインし、利用したいサービスを探して選択します。各サービスには設定オプションがあり、必要に応じてカスタマイズや構成を行います。

たとえば、EC2インスタンスを作成する場合は、インスタンスタイプ、ストレージオプション、ネットワーク設定などを選択および設定します。

リソースの管理と監視

AWSでは、作成したリソースの管理と監視が重要なタスクとなります。AWSマネジメントコンソールを使用して、作成したリソースを管理します。リソースの起動、停止、変更、削除などの操作を行うことができます。

また、AWS CloudWatchやAWS Trusted Advisorなどのツールを使用して、リソースのパフォーマンスやセキュリティ状況を監視し、必要に応じて対策を取ることができます。

AWSの利用方法は、アカウントの作成、サービスの選択と設定、リソースの管理と監視のステップで構成されます。これらのステップを適切に実行することで、AWSの機能を最大限に活用し、効果的にビジネスやプロジェクトをサポートすることができます。

AWSの利用

スタートアップ企業

スタートアップ企業は、AWSを活用することで迅速にスケーラブルなインフラストラクチャを構築し、ビジネスの成長に柔軟に対応することができます。

AWSはクラウド上でのアプリケーションホスティングやデータストレージ、データベース管理など、必要なインフラストラクチャを提供します。また、AWSの課金モデルは従量制であり、初期投資を最小限に抑えることができます。

大企業

大企業は、AWSを利用することでオンプレミスのインフラストラクチャからクラウドへの移行やハイブリッド環境の構築が可能です。

AWSは大規模なデータ処理やリソース要求の高いアプリケーションにも対応しており、高いスケーラビリティと可用性を提供します。また、AWSのセキュリティ機能やコンプライアンスへの対応も大企業にとって重要な要素です。

個人開発者

個人開発者やフリーランサーは、AWSを利用することで手軽にインフラストラクチャを構築し、アプリケーションやウェブサイトを展開することができます。

AWSのサーバーレスサービスやコンテナサービスなどの利用により、開発者はインフラストラクチャの管理やスケーリングに時間を費やすことなく、アプリケーションの開発に集中することができます。

AWSはさまざまな規模や目的を持つ組織や個人に利用されています。スタートアップ企業は柔軟性とスケーラビリティを重視し、大企業は安定性とセキュリティを重視し、個人開発者は簡便さと効率性を重視してAWSを活用しています。

まとめ

AWSは、Amazon Web Servicesの略であり、クラウドコンピューティングプラットフォームです。AWSは世界中の企業や個人開発者によって広く利用されており、さまざまなサービスと機能を提供しています。

AWSの主なサービスには、コンピューティングサービス、ストレージとデータベース、ネットワーキングとコンテンツ配信、AI/機械学習、データ分析、開発ツールなどがあります。これらのサービスを組み合わせることで、柔軟なインフラストラクチャやアプリケーションの構築が可能です。

AWSの特徴としては、スケーラビリティと柔軟性、耐障害性と可用性、セキュリティ、料金体系が挙げられます。これらの特徴は、多くのビジネスや組織にとって魅力的な選択肢となっています。

AWSの利用方法は、アカウントの作成、サービスの選択と設定、リソースの管理と監視のステップで構成されています。適切に実行することで、AWSの機能を最大限に活用し、ビジネスやプロジェクトを効果的にサポートすることができます。

AWSはさまざまな組織や個人に利用されており、スタートアップ企業、大企業、個人開発者など、さまざまな利用事例があります。それぞれの利用事例に応じて、AWSは柔軟なインフラストラクチャやサービスを提供しています。

最後に、AWSは常に進化し続けており、新しいサービスや機能が追加されています。AWSの公式ドキュメントやトレーニングリソースを活用することで、より深く理解し、効果的に活用することができます。