あなたに合った学習プランは?LINE適正コース診断はこちら プログラミングが全て無料で学習可能!
【プログラミング】わかりやすいコードの書き方のコツ7選! - 忍者CODEマガジン

【プログラミング】わかりやすいコードの書き方のコツ7選!

基礎知識

プログラミングにおいて、わかりやすいコードを書くことは非常に重要です。

わかりやすいコードは、自身や他の開発者がコードを理解し、保守や拡張が容易になります。しかし、初心者の場合、どのようにコードを改善してわかりやすくするか迷うことがあります。

本記事では、わかりやすいコードを書くための7つのステップについて解説します。これらのステップを実践することで、コードの可読性を向上させ、効果的なプログラミングスタイルを身につけることができます。

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

【プログラミング】わかりやすいコードの書き方のコツ7選

コードの構造をシンプルにする

コードの構造をシンプルにすることは、わかりやすいコードを書くための重要なステップです。シンプルな構造は、コードの理解とメンテナンスを容易にし、バグの発生を最小限に抑える助けとなります。

コードをシンプルにするために、以下のポイントに注意しましょう。

明確な目的を持つ

コードが何を行っているのか、どのような機能を果たすのかを明確にすることが重要です。コードの目的を把握することで、必要な機能を絞り込み、不要な複雑さを排除することができます。

適切な分割とモジュール化

大きなコードブロックを小さな論理的な単位に分割し、関連する部分をモジュールとしてまとめることが重要です。これにより、各モジュールの責任範囲が明確化され、単一の機能に焦点を当てることができます。

適切な命名規則の使用

変数、関数、クラスなどの要素には、わかりやすく意味のある名前を付けることが重要です。適切な命名は、コードの読みやすさを向上させ、意図を明確に伝えるのに役立ちます。

余分なコードの排除

コード内の冗長な部分や不要なコードを排除することで、コードのシンプルさを維持します。また、コメントアウトされたコードや未使用の変数なども削除することで、コードの見通しを良くすることができます。

一貫性の確保

コードのスタイルやフォーマットには一貫性を持たせることが重要です。一貫性のあるスタイルは、コードを読む人が理解しやすくし、予測可能な構造を提供します。

適切な変数名と関数名を使う

適切な変数名と関数名を使うことは、わかりやすいコードを書くために欠かせないステップです。適切な命名は、コードの読みやすさとメンテナンス性を向上させます。

変数名と関数名を適切に使うために、以下のポイントに注意しましょう。

意味のある名前

変数や関数の名前は、その役割や目的を正確に表すようにしましょう。名前だけでその役割が推測できるようにすることで、コードを読む人が理解しやすくなります。

一貫性のある命名規則

プロジェクト内で一貫性のある命名規則を採用しましょう。例えば、キャメルケースやスネークケースなど、一貫性のあるスタイルを選択し、それに従って変数や関数の名前を付けることで、コードの統一感を持たせることができます。

具体的かつ簡潔な名前

名前が具体的であり、かつ簡潔なことが重要です。冗長な名前や抽象的な名前ではなく、その要素が何を表しているのか明確になるような名前を選びましょう。

名前の長さのバランス

名前は適度な長さに保つことが望ましいです。名前が長すぎると可読性が低下し、短すぎると意図が伝わりにくくなる可能性があります。適切な長さを選ぶために、そのコンテキストで理解されやすい名前を使いましょう。

予約語やキーワードの避け方

変数や関数の名前には、プログラミング言語の予約語やキーワードを避けるようにしましょう。これにより、名前の衝突や予期しない動作の問題を避けることができます。

公式LINE登録で5大特典無料プレゼント!!

インデントを正しく使う

インデントを正しく使うことは、わかりやすいコードを書くために不可欠なステップです。適切なインデントは、コードの階層構造やロジックの流れを視覚的に表現し、読みやすさとメンテナンス性を向上させます。

インデントを正しく使うために以下のポイントに注意しましょう。

一貫性のあるスタイル

プロジェクト全体で一貫したインデントスタイルを採用しましょう。一般的には、スペース数やタブの使用など、チーム内で合意されたスタイルガイドに従ってインデントを行います。

ブロックの開始と終了の明確な表示

ブロック構造(if文、forループ、関数など)の開始と終了が明確に分かるように、適切なインデントを行いましょう。開始と終了の対応が明確になると、ロジックのフローを把握しやすくなります。

階層構造を反映する

インデントは、コードの階層構造を反映するために使います。階層が深くなるごとにインデントを増やし、視覚的に階層関係を把握できるようにしましょう。

余分なインデントを避ける

不要なインデントを避けることも重要です。余分なインデントはコードの読みやすさを損ない、無駄なスペースを占める可能性があります。シンプルで整理されたインデントを心がけましょう。

注意深くブロックを閉じる

ブロックを閉じる際には、対応する開始部分と一致するように注意しましょう。閉じ括弧や終了キーワードのインデントを適切に行うことで、コードの構造を明確に示します。

コメントを適切に追加する

コメントを適切に追加することは、わかりやすいコードを書くための重要なステップです。コメントは、コードの意図や処理の説明を記述するための有用なツールです。

コメントを適切に追加するために以下のポイントに注意しましょう。

意図や目的の説明

コードの意図や目的を説明するコメントを追加しましょう。なぜそのコードが必要なのか、何を実現するためのものなのかを明確にすることで、他の開発者がコードを理解しやすくなります。

コードの説明

コードの一部や特定の処理の説明をコメントで追加しましょう。特に複雑なアルゴリズムやトリッキーな処理の場合は、その背後にある考え方や手法を説明すると良いでしょう。

重要な情報の共有

コードの中で重要な情報や注意点がある場合は、コメントで明示的に共有しましょう。例えば、特定の環境依存性や制約事項、パフォーマンス上の考慮事項などをコメントで記述することで、他の開発者がその情報に基づいて適切な対応を行えます。

コメントの適切な長さと頻度

コメントは適切な長さに保ち、必要な情報を簡潔に伝えるようにしましょう。長すぎるコメントや冗長な説明は読み手にとって負担となる可能性があります。また、コメントの頻度も適切に調整しましょう。必要な箇所や複雑な箇所に集中してコメントを追加することで、情報の過多さを避けることができます。

コメントのメンテナンス

コードを変更したりアップデートしたりする際には、コメントも適切に更新しましょう。古い情報や不正確な説明が残っていると、コードの理解に混乱を招く可能性があります。コメントもコードと同様にメンテナンスされるべきです。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2
あなたの適性学習プランを診断

再利用可能な関数やクラスを作る

再利用可能な関数やクラスを作成することは、効率的でメンテナンス性の高いコードを実現するための重要なステップです。再利用可能なコードは、同様の処理を複数の場所で使い回すことができるため、開発の効率性が向上します。

再利用可能な関数やクラスを作るために以下のポイントに注意しましょう。

単一の責任原則

関数やクラスは、特定の機能や目的に焦点を当てるように設計しましょう。一つの関数やクラスに多くの責務を持たせると、再利用性やメンテナンス性が低下する可能性があります。コードを小さな独立したユニットに分割し、それぞれの責務に特化させることで、再利用性が高まります。

柔軟性を考慮する

関数やクラスを設計する際には、柔軟性を考慮しましょう。汎用的なインターフェースやパラメータ化されたオプションを提供することで、異なる状況や要件に対応できるようにします。柔軟性があるコードは、再利用性が高くなります。

ドキュメンテーションを追加する

再利用可能な関数やクラスを作成したら、適切なドキュメンテーションを追加しましょう。関数やクラスの目的や使用方法、入力や出力の形式などを明確に記述することで、他の開発者が容易に理解し、再利用できるようになります。

テストを行う

再利用可能なコードは、適切にテストされるべきです。テストを通過することで、関数やクラスが期待どおりの動作をすることを確認し、信頼性を高めます。また、テストを通じてコードのバグや不具合を早期に発見し修正することができます。

適切なエラーハンドリングを行う

適切なエラーハンドリングを行うことは、安定性のあるコードを実現するために欠かせないステップです。エラーハンドリングは、予期しないエラーが発生した場合にプログラムの動作を制御し、適切な対処を行うための仕組みです。

適切なエラーハンドリングを行うために以下のポイントに注意しましょう。

エラーの種類を理解する

使用しているプログラミング言語やフレームワークのドキュメントを確認し、利用可能なエラータイプや例外クラスを理解しましょう。エラーの種類に応じて適切な処理を行うことが重要です。

例外処理を使用する

例外処理はエラーハンドリングの主要な手法です。コードの中で予期しないエラーが発生した場合に例外をスローし、適切な例外ハンドラでキャッチして処理を行いましょう。例外メッセージやスタックトレースを含め、デバッグに役立つ情報を提供することも重要です。

エラーメッセージを明確にする

エラーメッセージは明確で具体的な情報を提供するようにしましょう。エラーが発生した原因や対処方法が分かるように記述し、開発者やユーザーがエラーを理解し、適切なアクションを取ることができるようにします。

ログ記録を行う

エラーハンドリングの一環として、ログ記録を行いましょう。エラーが発生したときにログに詳細な情報を記録することで、問題のトラブルシューティングやバグの特定に役立ちます。

エラー回復処理を検討する

一部のエラーは回復可能であり、プログラムの継続的な実行を可能にする対処方法が存在します。エラー回復処理を検討し、プログラムの安定性を向上させるために適切なアクションを取りましょう。

コードのパフォーマンスを考慮する

コードのパフォーマンスを考慮することは、効率的な動作と高速な実行を実現するために重要です。コードのパフォーマンスを向上させるために以下のポイントに注意しましょう。

効率的なアルゴリズムとデータ構造の選択

問題に応じて最適なアルゴリズムとデータ構造を選択しましょう。効率的なアルゴリズムは、処理時間やメモリ使用量を最小限に抑えることができます。また、データ構造の適切な使用は、データの操作やアクセスの効率を向上させます。

ループの最適化

ループはコードの実行時間に大きな影響を与える要素です。ループ内での無駄な処理や重複を避け、ループの回数を最小限に抑えることでパフォーマンスを向上させましょう。また、ループの代わりに高度な関数やライブラリを使用することも検討してください。

メモリ管理

メモリの効率的な使用はパフォーマンスに直結します。メモリリークや不要なメモリ使用を防ぐために、必要な時に適切にメモリを確保し、使用後は解放するようにしましょう。大きなデータセットやリソースを扱う場合は、適切なメモリ管理が特に重要です。

キャッシュの活用

メモリキャッシュはデータの高速なアクセスを可能にします。データのアクセスパターンを最適化し、キャッシュ効果を最大限に活用するように心がけましょう。データの局所性を考慮し、頻繁にアクセスするデータをキャッシュに保持することで、パフォーマンスを向上させることができます。

不要な処理の削減

コード内の不要な処理や無駄な計算を排除しましょう。条件分岐や演算の回数を最小限に抑えることで、処理時間を短縮することができます。また、必要な処理だけを実行するように最適化することも重要です。

公式LINE登録で5大特典無料プレゼント!!

まとめ

わかりやすいコードを書くためには、以下の7つの点を意識しましょう。

  1. コードの構造をシンプルにする
  2. 適切な変数名と関数名を使う
  3. インデントを正しく使う
  4. コメントを適切に追加する
  5. 再利用可能な関数やクラスを作る
  6. 適切なエラーハンドリングを行う
  7. コードのパフォーマンスを考慮する

これらのステップを踏むことで、わかりやすく、効率的で、安定性のあるコードを作成することができます。