【PHPの資格一覧】初心者向けに解説する各資格の特徴と選び方

プログラミング言語の辞書

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

PHPの資格とは

PHPの資格は、PHPプログラミング言語のスキルを評価し認定するための資格です。PHPはウェブ開発に広く使用されており、PHPの知識と技術を持つことは、ウェブ開発者としての能力を証明する重要な要素となります。

PHPの資格試験は、一般的に複数のレベルに分かれており、初級者向け、中級者向け、上級者向けの試験が存在します。これらの試験は、個々のレベルに応じた知識やスキルをテストし、合格することで認定を受けることができます。

ただし実際の開発現場においては、資格の有無よりも実績やスキル面を重視されることのほうが多く、資格取得を重視するよりかは自身のポートフォリオの作成であったり、実務経験を積むことを重視するほうが良いとも言えます。

資格を取得することによって、確実に以下のようなメリットがありますので、時間に余裕がある方などであれば一つの指標として資格取得を目指しても良いでしょう。

  • 就職や転職の際に、PHPのスキルを持っていることを証明できる
  • エンジニアとしての信頼性と専門性を高めることができる
  • スキルアップのための学習目標となり、学習の方向性を定めることができる
  • 他の開発者との競争力を高めることができる

PHP資格一覧

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定初級試験は、PHPの基本的な知識やスキルを評価するための資格です。

この試験は、初級試験・上級試験(準上級試験)・認定ウィザードの順に3つのレベルに分けられています。

  • 初級試験
    同試験の中では最も簡単なグレードであり、学生、または社会人1~2年目の受験を想定した試験内容
  • 上級試験(準上級試験)
    PHPの言語仕様を理解し、実用的かつ高度なプログラミングテクニックを持つ上級者の受験を想定した試験内容
  • 認定ウィザード
    PHP技術者認定試験の最上位は「PHP技術者認定ウィザード」と呼ばれる資格だが、通常の試験とは異なり、研究論文またはコードを提出して他の有資格者から審査を受ける「論文審査スタイル」での試験

Zend Certified PHP Engineer(Zend PHP資格)

Zend Certified PHP Engineerは、Zend Technologiesが提供するPHPの資格です。この資格は、PHP開発者としての高度なスキルと知識を証明することができます。

試験では、PHPの高度なトピックやパフォーマンス最適化、セキュリティ対策、オブジェクト指向プログラミングなどに関する深い理解が求められます。Zend Certified PHP Engineerは、PHP開発者としての専門性を追求し、より高いレベルのスキルを身につけたい方に適しています。

LPIC PHPプロフェッショナル認定(LPIC PHP)

LPIC PHPプロフェッショナル認定は、Linux Professional Institute(LPI)が提供するPHP開発者向けの資格です。この資格では、PHP開発におけるLinux環境での知識やスキルを評価します。

試験では、Linuxシステムの基礎、コマンドラインの使用、Webサーバーの設定など、PHPをLinux環境で効果的に活用するための知識が問われます。LPIC PHPプロフェッショナル認定は、PHP開発者としての技術力を証明し、Linux環境での開発スキルを強化したい方に適しています。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2

PHP資格の選び方

目標とするキャリアパスに合わせる

PHP資格を選ぶ際には、自身の目標とするキャリアパスに合わせて選択することが重要です。

PHPのエキスパートとしてWeb開発やバックエンド開発に専念したいのか、それともフルスタック開発者として幅広いスキルを持ちたいのかなど、自身の目指す方向性に基づいて資格を選びましょう。

試験の難易度と合格率を考慮する

資格試験の難易度と合格率も選択する際の重要な要素です。

難易度の高い資格はより高度なスキルや知識が求められますが、その分評価も高くなる場合があります。一方、合格率が高い資格は比較的容易に合格できる可能性が高いですが、評価や信頼性が他の資格と比べて低い場合もあります。

自身の能力や学習の進捗状況に応じて難易度と合格率をバランス良く選びましょう。

資格の認知度と業界での評価を確認する

PHP資格の認知度と業界での評価も重要な要素です。

一般的に認知度が高く、業界で高く評価されている資格は、就職やキャリアアップにおいて有利に働く可能性があります。有名な資格機関や認定団体が提供している資格は、その信頼性や価値が高い場合があります。

業界のトレンドや求人情報を確認し、求められる資格や認知度を把握して選択しましょう。

これらのポイントを考慮しながら、自身の目標や現在のスキルレベルに合ったPHP資格を選ぶことで、学習やキャリアの方向性を明確にし、成長を促進することができます。
PHPの基礎を無料で学ぶ方はこちら▶

まとめ

PHPの資格は、PHP開発者としてのスキルと知識を証明するための重要な要素です。

PHP資格を選ぶ際には以下のポイントを考慮しましょう。

  • 目標とするキャリアパスに合わせる
    自身の目指す方向性やキャリアの目標に応じて資格を選びましょう。Web開発やバックエンド開発など、自身の興味や専門分野に合った資格を選択しましょう。
  • 試験の難易度と合格率を考慮する
    資格試験の難易度や合格率は、自身の能力や学習の進捗状況に合わせて選びましょう。バランス良く難易度と合格率を考慮することで、適切な挑戦を行えます。
  • 資格の認知度と業界での評価を確認する
    PHP資格の認知度や業界での評価は、就職やキャリアアップに影響を与えます。有名な資格機関や認定団体が提供する資格は、信頼性や価値が高い場合があります。業界のトレンドや求人情報を確認し、適切な資格を選びましょう。

PHP資格は自身のスキルを証明し、キャリアの成長を促進するために重要です。

自身の目標に合わせた資格を選び、効果的な学習と実践を行いましょう。適切なPHP資格を取得することで、専門性を高め、より多くの機会を得ることができます。