PHP初心者におすすめのフレームワーク「Laravel」って何?

プログラミング言語の辞書

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

Laravelとは

Laravelは、PHPで開発されたオープンソースのウェブアプリケーションフレームワークです。

マイクロソフトの.NETの開発に携わっていたTaylor Otwell氏によって開発され、2011年に初めてリリースされました。Laravelは、開発者に使いやすさとエレガントな構文を提供することを目指しています。

そんなLaravelは世界で最も利用されているPHPフレームワークと称され、2019年には世界1位のシェア率となりました。
PHPの基礎を無料で学ぶ方はこちら▶

Laravelの特徴

MVCアーキテクチャ

Laravelは、MVC(Model-View-Controller)アーキテクチャを採用しています。

これにより、アプリケーションのコードをモデル(データ処理)、ビュー(表示)、コントローラ(ロジック)の3つの役割に分割することができます。この分離により、コードの保守性が向上し、開発の効率も高まります。

MVCモデルとは、ソフトウェアの設計モデルの一つで、機能を「Model」(モデル)、「View」(ビュー)、「Controller」(コントローラ)の三つの役割に分離して実装し、それらが連携して処理を進める方式。
引用:IT用語辞典 e-Words

ORM(Object Relational Mapping)

Laravelは、ORMをサポートしています。

ORMは、データベースとオブジェクト指向プログラミングの間のマッピングを行う技術であり、SQLクエリを直接記述する必要がなくなります。LaravelのORMであるEloquentを使用すると、データベースのテーブルとオブジェクトモデルをシームレスにマッピングすることができます。

ルーティングとコントローラ

Laravelでは、ルーティングとコントローラを組み合わせてリクエストの処理を行います。ルーティングは、特定のURLとそれに対応する処理を担当するコントローラのメソッドを結びつける役割を果たします。つまり、リクエストされたURLに基づいて、どの処理を実行すべきかを決定し、それを担当するコントローラのメソッドに伝える役割を担っています。

これにより、特定のURLに対してどのコントローラが実行されるかを定義し、アプリケーションの挙動を制御することができます。

テンプレートエンジンとBlade

LaravelにはBladeというテンプレートエンジンが組み込まれています。Bladeを使うと、PHPコードを埋め込んだテンプレートを簡単に作成することができます。

Bladeは、シンプルで直感的な構文を提供しています。これにより、テンプレートの作成や編集が簡単に行えます。また、Bladeを使うことで、テンプレートの再利用性や拡張性も向上させることができます。

Bladeの機能を活用することで、PHPコードとマークアップを組み合わせた柔軟なテンプレートを作成できます。これにより、フロントエンドの表示やデータの表示など、様々な部分でテンプレートを再利用することができます。また、Bladeの拡張機能を使って、テンプレートに独自の機能を追加することも可能です。

マイグレーションとデータベースシーディング

Laravelでは、マイグレーションとデータベースシーディングという便利な機能が提供されています。

マイグレーションを使うと、データベースのテーブルの構造をバージョン管理することができます。つまり、テーブルの作成や変更、削除などのデータベースのスキーマ操作を、コードとして管理することができます。これにより、チームでの協力やバージョン管理がスムーズになります。

データベースシーディングは、初期データの投入を自動化するための仕組みです。データベースの初期状態を定義し、それを自動的にデータベースに挿入することができます。例えば、テストデータや初期設定などを自動的に投入することができます。

これらの機能を使うことで、データベースの管理が簡単になります。データベースのバージョン管理や初期データの投入をコードベースで管理することで、効率的な開発やデータベースの一貫性を保つことができます。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2

Laravelの利点

コードの再利用性と保守性

Laravelは、コードの再利用性と保守性を重視して設計されています。

フレームワークを使うことで、同じコードを何度も書かなくても済みます。フレームワークは、あらかじめ用意された部品や機能を使うことができるからです。

また、フレームワークではMVCという仕組みを使っています。これにより、アプリケーションのビジネスロジックやデータベースの操作など、違う役割を持つ部分を分けて管理できます。

このようにすることで、コードの保守性が高まります。つまり、変更や修正を行う際にも簡単に対応できるのです。

拡張性とカスタマイズ性

Laravelは非常に拡張性が高く、開発者はフレームワークを自身のプロジェクトに合わせてカスタマイズが可能になっています。

Laravelでは、Composerというツールを使って外部の機能やツールを簡単に追加することができます。これにより、新しい機能を簡単に導入したり、便利なツールを使ったりすることができます。

さらに、Laravelではフックやイベントシステムを使って、既存の機能を拡張したり、自分独自の機能を追加したりすることができます。これにより、Laravelの基本機能をカスタマイズして、自分のニーズに合ったアプリケーションを作ることができます。

豊富な機能とパッケージ

Laravelは豊富な機能とパッケージを提供しています。

例えば、データベースマイグレーションやORM(Eloquent)を使ったデータベース操作、認証やセッション管理、キャッシュ、メール送信などの一般的なウェブアプリケーション開発に必要な機能が組み込まれています。

これにより、開発者はこれらの機能を簡単に利用することができます。

また、Laravelのコミュニティは非常に活発であり、さまざまなパッケージやリソースがオンラインで利用可能です。開発者はこれらのパッケージを活用することで、追加の機能やツールを簡単に統合することができます。

Laravelの利点として、コードの再利用性と保守性、拡張性とカスタマイズ性、豊富な機能とパッケージが挙げられます。これらの特徴により、Laravelは効率的で堅牢なウェブアプリケーションの開発に大きなメリットをもたらします。

まとめ

Laravelは人気のあるPHPフレームワークで、初心者から上級者まで使えるように設計されています。MVCアーキテクチャを採用しており、コードの保守性や再利用性が向上します。ORM(Eloquent)やルーティング、テンプレートエンジン(Blade)など、たくさんの便利な機能が備わっています。これにより、データベース操作やビューの表示、ルーティングの設定などを簡単に行えます。

さらに、Laravelは拡張性とカスタマイズ性にも優れており、外部パッケージを導入したり、フレームワークを拡張したりするのが簡単です。Laravelのコミュニティも活発で、オンラインで多くのパッケージやリソースが利用できます。

Laravelを学ぶことで、PHPのスキルを向上させるだけでなく、効率的で信頼性の高いウェブアプリケーションの開発が可能です。初心者向けの学習リソースやサンプルアプリケーションも充実しているので、手軽に始めることができます。

Laravelを試してみてください。使いやすさと多機能さにより、効率的なウェブアプリケーション開発ができるでしょう。
全49問!PHP無料問題集はコチラ▶

挫折することなくPHPを習得するなら

独学?スクール?

これからPHP,Laravelなどプログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でPHPを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。
忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。