雑にしていない?PHPの命名規則を理解し、効率よく開発を進めよう

プログラミング言語の辞書

PHPの開発を効率よく進めるためには、一貫性のあるコードスタイルが重要です。その中でも特に重要なのが「命名規則」です。この記事では、効率的な開発を行うために欠かせないPHPの命名規則について詳しく解説していきます。

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

今すぐ自分に合ったコースを知りたい方はこちら
適正コース診断

PHPの命名規則とは

PHPの命名規則とは、変数、関数、クラス、定数などの要素に適用される一連の規則のことを指します。

適切な命名規則を持つことは、コードの可読性を向上させ、保守性を高めるという点で非常に重要です。また、チームでの共同開発を行う場合には、統一された命名規則を守ることで、コードの混乱を避けることができます。
PHPの基礎を無料で学ぶ方はこちら▶

一般的なPHPの命名規則

一般的なPHPの命名規則には、変数名、関数名、定数、クラス名などの要素に対して慣習的に使われるルールが存在します。これらの命名規則はコードの可読性や保守性を高めるために重要な役割を果たしています。以下に、一般的なPHPの命名規則について解説します。

変数名

変数名は、変数が保持するデータの意味を表すような名前にすることが一般的です。

変数名にはキャメルケース(camelCase)スネークケース(snake_case)がよく使われます。キャメルケースでは、複数の単語をつなげる際に先頭の単語以外の単語の頭文字を大文字にします。例えば、$userNameや$totalItemCountのような形式が一般的です。

一方、スネークケースでは、単語をアンダースコアで区切り、全て小文字で記述します。例えば、$user_nameや$total_item_countのような形式です。

// キャメルケースの例
$firstName = "John";
$lastName = "Doe";

// スネークケースの例
$user_name = "johndoe";
$total_item_count = 10;

関数名

関数名も変数名同様、関数が何を行うのかを分かりやすく表現するような名前を付けることが重要です。関数名もキャメルケースやスネークケースを用いることが一般的です。例えば、ユーザーの情報を取得する関数ならgetUserInfo()やget_user_info()のように命名します。

// キャメルケースの例
function getUserInfo($userId) {
  // ユーザーの情報を取得する処理
}

// スネークケースの例
function get_user_info($user_id) {
  // ユーザーの情報を取得する処理
}

定数

定数は通常大文字で記述し、単語をアンダースコアで区切ります。定数の命名は全て大文字で表現することが慣習となっています。例えば、DB接続情報やアプリケーション内で共通の設定値などが定数として使われます。

const DB_HOST = "localhost";
const DB_USERNAME = "username";
const DB_PASSWORD = "password";

クラス名

クラス名はパスカルケース(PascalCase)を使うことが一般的です。パスカルケースでは、全ての単語の頭文字を大文字にして連結します。例えば、UserManagerやDatabaseConnectionのような形式です。

class UserManager {
  // クラスの内容
}

class DatabaseConnection {
  // クラスの内容
}

これらの一般的なPHPの命名規則に従うことで、コードの可読性が向上し、保守性の高いコードを作成することができます。プロジェクトやチームによって命名規則が異なる場合もあるため、コードベース内で統一されたルールを持つように心掛けましょう。

また、後から変更する場合には、リファクタリングを行い、適切な命名に修正することが推奨されます。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2

PSR (PHP Standards Recommendation)

PSR(PHP Standards Recommendation)は、PHPコミュニティによって提案された公式の規約です。これらの規約は、PHPプロジェクトにおけるコードの一貫性を促進するために作成されました。

  1. PSR-1
    基本コーディング規約 PSR-1では、ファイル内でのPHPタグの使用を制限し、クラス名の命名規則、ファイルの文字エンコーディング、名前空間の使用などが規定されています。
  2. PSR-2
    コーディングスタイルガイド PSR-2は、コードの読みやすさを向上させるためのコーディングスタイルガイドです。インデントや空白の使い方、制御構造や関数のブレース(中括弧)の位置などが定められています。
  3. PSR-3
    ロガーインターフェース PSR-3は、ロギングに関連するインターフェースを定義しています。ログの出力方法を柔軟に切り替えることができます。

これらの規約を導入することで、PHPのプロジェクト内で一貫性のあるコーディングスタイルを保ち、他の開発者とのコード共有や協力をスムーズに行えます。

プロジェクトに応じて必要なPSRを選択し、適切に導入しましょう。新しい規約が追加される可能性もあるため、最新のPSRに目を通すことも重要です。これらの規約は、PHPコミュニティで広く受け入れられており、効率的で品質の高いコードを作成するのに役立ちます。
全49問!PHP無料問題集はコチラ▶

PHPにおける命名規則の重要性とメリット

命名規則は、PHPに限った話ではなく、プログラミングをする上で非常に重要な要素です。適切な命名規則を守ることで、コードの可読性や保守性を向上させることができます。初心者の方にとっても理解しやすいように、命名規則の重要性とそのメリットについて簡潔に解説します。

  1. 可読性の向上
    適切な命名規則により、変数や関数の名前からその役割や目的を理解しやすくなります。コードがわかりやすいと、他の開発者や将来の自分が、追加や修正を容易に行えます。コードが読みやすいということは、バグの発見や修正も迅速に行えるという利点があります。
  2. コードの保守性向上
    プロジェクトが進行するにつれて、コードの改修や追加が必要になります。命名規則を守ることで、コードが整理され、保守作業がスムーズになります。他の開発者がプロジェクトに参加する場合も、一貫性のある命名規則によって、新しい人材の導入が容易になります。
  3. バグの予防
    意味のある名前を使用することで、間違った変数の使用や関数の呼び出しなどのミスを防ぐことができます。たとえば、変数名が意図しない値を持つ場合、バグが発生する可能性が高まりますが、適切な命名をすることでそのリスクを低減できます。
  4. チーム開発の効率化
    チームでの共同開発を行う場合、統一された命名規則を守ることでコードの一貫性を保つことができます。チームメンバーが同じ規則に従って開発することで、コードの読みやすさや保守性が向上し、コードの品質を一定の基準で保つことができます。
  5. ドキュメントの代替
    意味のある命名をすることで、コード自体がその機能や目的を表現するようになります。そのため、コードの意図を理解するためのドキュメントが不足していても、命名によって多くの情報を得ることができます。

まとめ

適切なPHPの命名規則を守ることで、コードの可読性と保守性を向上させることができます。

PHPコミュニティが提案するPSR規約を導入すると、一貫性のあるコーディングスタイルを維持し、チームでの共同開発を効率化できます。意味のある名前を使うことでバグの予防にもつながります。プロジェクト内で統一された命名規則を実践し、品質の高いコードを目指しましょう。
全49問!PHP無料問題集はコチラ▶

挫折することなくエンジニアを目指すなら

これからHTMLやCSSなどプログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際に学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でHTMLやCSSを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。
忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。