Vue.jsとは?特徴や利用するメリットなどをわかりやすく解説

プログラミング言語の辞書

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

Vue.jsの概要

Vue.jsは、JavaScriptフレームワークの一つであり、ユーザーインターフェースを構築するためのツールです。

デザイナーと開発者の双方に優れた体験を提供することを目指しており、シンプルで使いやすい構文と豊富な機能を備えています。

Vue.jsは、Webアプリケーションの開発において、コンポーネントベースのアーキテクチャを採用しており、柔軟性と再利用性の高いコードの作成を可能にします。

この記事ではVue.jsの特徴や利用メリット、使い方と注意点などを解説していきます!

Vue.jsの特徴

リアクティブなデータバインディング

Vue.jsの最も特徴的な機能の一つは、リアクティブなデータバインディングです。

データバインディングとは、データの変更を自動的に画面に反映させる仕組みのことを指します。Vue.jsでは、データと表示を結び付けることで、データの変更が自動的に検知され、関連する部分の表示が自動的に更新されます。

これによって、手動で画面を操作する手間が省けます。開発者はより直感的にアプリケーションの状態を管理することができるのです。

コンポーネントベースの開発

Vue.jsは、コンポーネントベースの開発をサポートしています。

コンポーネントは、再利用可能な独立した部品のことであり、それぞれのコンポーネントは自身の状態と表示を持ちます。Vue.jsでは、これらのコンポーネントを組み合わせてアプリケーションを構築します。コンポーネントベースの開発により、コードの再利用性が向上し、保守性が高まります。

また、コンポーネントごとに役割や責務を分けることで、開発の効率性も向上します。

シンプルで学習コストの低い構文

Vue.jsは、シンプルで直感的な構文を持っており、学習コストが比較的低いとされています。

HTMLベースのテンプレート構文を使用し、Vue.jsのディレクティブを組み合わせることで、データの表示やイベントのハンドリングなどが行えます。

また、JavaScriptの基本的な知識と少量の追加構文を学ぶだけで、Vue.jsの開発が始められます。これにより、初心者でも比較的容易にVue.jsを学び始めることができます。

フレキシブルなエコシステム

Vue.jsは、フレキシブルで拡張性の高いエコシステムを持っています。

さまざまなサードパーティのライブラリやプラグインが利用可能であり、特定のニーズに応じて選択することができます。

また、Vue Routerを使用することでシングルページアプリケーションのルーティングを実現し、Vuexを利用することでアプリケーションの状態管理を容易に行うことができます。さらに、Vue CLIというツールを使用することで、効率的なプロジェクトの構築や開発環境のセットアップを行うことができます。

これらの要素が組み合わさることで、Vue.jsは柔軟かつ拡張性の高い開発環境を提供します。

ITの分野では、ある特定の機能を持ったコンピュータプログラムを他のプログラムから呼び出して利用できるように部品化し、そのようなプログラム部品を複数集めて一つのファイルに収納したものをライブラリという。
引用:IT用語辞典e-Words

Vue.jsの利用メリット

高いパフォーマンス

Vue.jsは、仮想DOM(Virtual DOM)という機能を利用することで、効率的なレンダリングを実現しています。

仮想DOMは、実際のDOMと同じ構造を持つJavaScriptオブジェクトであり、Vue.jsがデータの変更を検知し、必要な部分のみを効率的に再描画します。

このため、必要なDOM操作を最小限に抑えることができ、パフォーマンスの向上が期待できます。

レンダリングとは、何らかの抽象的なデータ集合を元に、一定の処理や演算を行って画像や映像、音声などを生成すること。
引用:IT用語辞典e-Words

再利用性の高いコンポーネント

Vue.jsでは、コンポーネントベースの開発が特徴的です。

コンポーネントは独立した部品であり、再利用性が高いため、同じ機能を持つ部分を複数の場所で使い回すことができます。

また、コンポーネントは自己完結型であるため、他のコンポーネントへの影響を受けずに開発やテストが行えます。これにより、開発効率が向上し、保守性の高いコードの作成が可能となります。

生産性の向上

Vue.jsは、シンプルで学習コストの低い構文を持っています。

HTMLベースのテンプレート構文と直感的なAPIを使用するため、開発者は短期間でVue.jsの基礎を習得し、迅速に開発を進めることができます。

また、Vue CLIというツールを使用することで、プロジェクトの雛形や開発環境のセットアップを自動化することができます。これにより、開発者は煩雑な設定作業から解放され、より効率的に開発に取り組むことができます。

他のライブラリやフレームワークとの組み合わせ

Vue.jsは他のライブラリやフレームワークとの組み合わせが容易であり、既存のプロジェクトにも容易に導入することができます。

Vue Routerを使用することで、シングルページアプリケーションのルーティングを実現できますし、Vuexを利用することで状態管理を容易に行うことができます。

さらに、Vue.jsは柔軟なエコシステムを持っており、豊富なプラグインやライブラリが提供されています。これにより、開発者は最適なツールを選びながら、より高度な機能を実現することができます。

Vue.jsの基本的な使い方

ディレクティブ

Vue.jsでは、HTMLテンプレート内で特別な命令を実行するためにディレクティブを使用します。

ディレクティブは`v-`接頭辞で始まり、要素や属性に指定されます。例えば、`v-if`ディレクティブは、条件に基づいて要素の表示や非表示を切り替えるために使用されます。

他にも`v-for`ディレクティブを使ってリストの繰り返し処理や、`v-bind`ディレクティブを使って要素の属性をデータとバインドすることができます。

データバインディング

Vue.jsでは、データバインディングを利用してデータと表示を結び付けます。

`{{ }}`の中にデータプロパティや式を書くことで、その値を表示することができます。

また、双方向のデータバインディングもサポートしており、フォーム入力などの要素とデータを双方向に同期させることができます。

イベントハンドリング

Vue.jsでは、イベントハンドリングを行うためのディレクティブが提供されています。

例えば、`v-on`ディレクティブを使用することで、特定のイベント(クリック、キーボード入力など)が発生した際に実行されるメソッドを指定することができます。

これにより、ユーザーのアクションに応じた処理を柔軟に実装することができます。

コンポーネントの作成と利用

Vue.jsでは、`Vue.component`メソッドを使用してコンポーネントを定義します。

コンポーネントは再利用可能な部品であり、自身のテンプレート、データ、メソッドを持つことができます。コンポーネントを作成したら、親コンポーネント内でそのコンポーネントを使用することができます。

これにより、アプリケーションを部品ごとに分割し、保守性や再利用性を高めることができます。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2
質問に答えて簡単1分の適正プラン診断!

Vue.jsのエコシステム

Vue Router

Vue Routerは、Vue.jsアプリケーションにおけるルーティングを実現するための公式ルーターライブラリです。

ルーターを使用することで、異なるURLに基づいて異なるコンポーネントを表示したり、URLパラメータを扱ったりすることができます。

Vue Routerはシンプルで直感的なAPIを提供し、ネストされたルートやダイナミックルートの定義、プログラムによるルートナビゲーションなど、多くの機能をサポートしています。

Vuex

Vuexは、Vue.jsアプリケーションにおける状態管理パターンおよびライブラリです。

アプリケーション全体で共有される状態を効果的に管理するためのツールセットを提供します。Vuexでは、アプリケーションの状態を一元管理し、状態の変更を予測可能な方法で行うことができます。

また、アプリケーション内の異なるコンポーネント間で状態を共有するための仕組みも提供されています。

Vue CLI

Vue CLIは、Vue.jsアプリケーションのための公式のコマンドラインインターフェース(CLI)です。

Vue CLIを使用することで、簡単にVue.jsプロジェクトをセットアップし、開発を効率化することができます。Vue CLIはプロジェクトの雛形の生成、開発サーバーの起動、ビルドの設定、テストの実行など、さまざまな開発タスクをサポートしています。

また、プラグインシステムも提供されており、さまざまなツールやライブラリとの統合も容易に行うことができます。

Vue.jsの実例

単一ページアプリケーション(SPA)

Vue.jsは単一ページアプリケーション(Single Page Application, SPA)の構築に適しています。

SPAは、初回のHTMLの読み込み後、ページ遷移時に新しいHTMLをサーバーから取得せずに、JavaScriptによって動的にコンテンツを変更するアプリケーションの形式です。

Vue.jsでは、ルーティング機能(Vue Router)と状態管理(Vuex)を活用して、シームレスなユーザーエクスペリエンスを提供するSPAを構築することができます。

フォームのバリデーション

Vue.jsはフォームのバリデーションにも優れた機能を提供しています。

データバインディングと組み合わせることで、フォームの入力値の妥当性をリアルタイムにチェックし、エラーメッセージを表示することができます。

また、カスタムバリデーションロジックを作成したり、入力フィールドのスタイルを動的に変更したりすることも可能です。Vue.jsのバリデーション機能を使うことで、ユーザーフレンドリーなフォームエクスペリエンスを提供することができます。

リアルタイムデータの表示

Vue.jsはリアルタイムデータの表示にも適しています。

データバインディングとリアクティブな機能を活用することで、データの変更を検知し、自動的にUIを更新することができます。

例えば、リアルタイムチャットアプリケーションや株価のリアルタイム更新など、常に最新の情報を表示する必要がある場合に便利です。Vue.jsのリアクティブな機能を使うことで、スムーズで迅速なデータの表示を実現することができます。

Vue.jsの注意点

IE11などの古いブラウザへの対応

Vue.jsはモダンなJavaScriptの機能を活用していますが、古いブラウザであるIE11などの対応が必要な場合には注意が必要です。

Vue.jsの一部の機能や構文は、古いブラウザではサポートされていない場合があります。

そのため、Vue.jsを使用する場合には、対象となるブラウザのサポート範囲を確認し、必要に応じてポリフィルや他の互換性のあるライブラリを使用することが重要です。

プロジェクトの規模による管理の難しさ

Vue.jsは小規模なプロジェクトから大規模なプロジェクトまで幅広く利用されていますが、プロジェクトの規模が大きくなると、コンポーネントの管理やデータのフローの設計など、管理の難しさが増えることがあります。

特に、適切なアーキテクチャやパターンを選択し、コードのモジュール化やベストプラクティスを実践することが重要です。

また、ドキュメンテーションやチーム内でのコミュニケーションを適切に行うことも、プロジェクトの管理を円滑に進めるために重要です。

モバイルアプリケーション開発への適用

Vue.jsはWebアプリケーションの開発において非常に強力なフレームワークですが、ネイティブなモバイルアプリケーションの開発には直接的には適していません。

ただし、Vue.jsを使用してモバイルアプリケーションを開発するための補完的なツールやフレームワーク(例:Vue Native、Quasar Framework)も存在します。これらのツールを活用することで、Vue.jsの力をネイティブなモバイルアプリケーション開発にも活かすことができます。

ただし、モバイルアプリケーションの開発においては、プラットフォームごとの違いや制約にも注意しながら開発を進める必要があります。

挫折することなくエンジニアを目指すなら

独学?スクール?

これからHTMLやCSSなどプログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際に学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でHTMLやCSSを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。
忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。

まとめ

Vue.jsは、リアクティブなデータバインディングやコンポーネントベースの開発などの特徴を持つJavaScriptフレームワークです。

高いパフォーマンスや再利用性の高いコンポーネント、生産性の向上などの利点があります。ディレクティブやデータバインディング、イベントハンドリング、コンポーネントの作成と利用などの基本的な使い方を学ぶことが重要です。

また、Vue RouterやVuex、Vue CLIといったエコシステムのツールを活用することで、開発効率を向上させることができます。ただし、古いブラウザへの対応や大規模プロジェクトの管理、モバイルアプリケーション開発への適用には注意が必要です。

全体として、Vue.jsは使いやすく学習コストが低いフレームワークであり、多くの実例にも活用されています。