ゲームエンジニアとは?仕事内容や年収、必要スキル、将来性を解説

キャリア(副業、転職、フリーランス)

ゲームエンジニアは、スマートフォン・PC・コンシューマー向けゲームを開発する技術職の総称です。

ただし、ゲームエンジニアは対象分野によって求められる知識・スキルが異なります。そのため、自身の志向に合わせてスキルを磨いていく必要があるでしょう。

この記事では、ゲームエンジニアの仕事内容や分野別に求められる知識やスキル、目指すための方法について解説します。

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

ゲームエンジニアとは?

ゲームエンジニアとひと言でいっても、担当する分野・業務によってさまざまな種類があります。

  • ゲームプログラマー
  • グラフィックプログラマー
  • ネットワークプログラマー
  • サウンドプログラマー

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、ゲームの開発プロセスにおいて、ゲームの機能やルール、ゲームプレイのロジックをプログラムで実装する役割を担います。

ゲームエンジンやプログラミング言語を使用して、ゲームの基本的なシステムやゲームプレイメカニクスを作り上げます。例えば、キャラクターの移動やコントロール、衝突判定、ゲームの進行管理、AIの実装などがゲームプログラマーの業務に含まれます。

グラフィックプログラマー

グラフィックプログラマーは、ゲーム内のグラフィックスやビジュアルエフェクトの実装を担当します。

グラフィックスエンジンやシェーダー言語を使用して、ゲーム内のモデルやテクスチャのレンダリング、ライティング、パーティクルエフェクト、シャドウなどを制御します。

グラフィックプログラマーの役割は、ゲームの外見や視覚的な表現を向上させることにあり、プレイヤーにとって魅力的で没入感のあるビジュアル体験を提供するために重要な存在です。

ネットワークプログラマー

ネットワークプログラマーは、オンラインマルチプレイヤーゲームやその他のネットワーク機能を実装する役割を担当します。

通信プロトコルやネットワーキングの知識を活用して、プレイヤー同士のデータの送受信や同期、サーバーとの通信などを管理します。

また、セキュリティやパフォーマンスの最適化も重要な仕事です。ネットワークプログラマーは、プレイヤー同士がスムーズに接続し、協力や競争を楽しむことができるようにする役割を果たします。

サウンドプログラマー

サウンドプログラマーは、ゲーム内の音楽、効果音、音声などのサウンド関連の実装を担当します。

オーディオエンジンやサウンド処理ツールを使用して、ゲーム内でのサウンド再生、効果音のトリガー、音声の管理などを実現します。

また、音響処理や3Dオーディオの実装にも関与することもあります。サウンドプログラマーは、ゲームの雰囲気やプレイヤーの没入感を高めるために重要な役割を果たします。

ゲームエンジニアの仕事内容

ゲームのコンセプトの打ち合わせ

ゲームエンジニアは、ゲーム開発の最初の段階で、デザイナーやプロデューサーと協力してゲームのコンセプトを打ち合わせます。

技術的な観点からゲームの実現可能性や要件を評価し、ゲームエンジンやツールの選択に関する助言を行ったり、ゲームの機能やプレイ性についてもディスカッションし、開発の方向性を確定します。

ゲームの制作

ゲームエンジニアは、ゲームの制作において重要な役割を果たします。

ゲームエンジニアは、プログラミング言語やゲームエンジンを使用して、ゲームの基本的なシステムや機能を実装します。キャラクターの移動やコントロール、衝突判定、ゲーム進行管理、AIの挙動など、ゲームプレイに関わる要素をプログラムで作り上げます。

また、グラフィックスやサウンドの実装にも関与し、ゲームの視覚的な魅力やオーディオ体験を高めます。

バグの修正や確認

ゲームエンジニアは、バグの修正や確認も担当します。

ゲームエンジニアは、テストプレイを通じてバグを特定し、原因を特定して修正します。バグの修正には、プログラミングのスキルとデバッグの知識が必要です。

また、ゲームのパフォーマンスや安定性のために最適化を行い、スムーズなゲームプレイを実現します。バグ修正や確認のプロセスは、開発のさまざまな段階で継続的に行われます。

ゲームエンジニアの年収例

日本のゲームエンジニアの年収は、経験、技術レベル、地域、企業の規模などによって大きく異なります。以下に一般的なゲームエンジニアの年収の範囲を示しますが、これはあくまで一般的な目安であり、個々の状況によって異なる可能性があります。

初級のゲームエンジニアの場合、年収はおおよそ300万円から600万円程度となることがあります。これは、経験の浅いエンジニアや新卒の場合の目安です。

中級のゲームエンジニアの年収は、600万円から900万円程度となることがあります。数年の経験を積んだエンジニアやスキルセットが豊富な場合に該当します。

上級のゲームエンジニアやテクニカルリーダーの場合、年収は900万円以上になることがあります。このレベルのエンジニアは、高度な専門知識やリーダーシップ能力を持っており、高い報酬が期待されます。

なお、上記の数字は一般的な目安であり、実際の年収は個別の条件や交渉によって異なることをご了承ください。

実際の求人例

求人サイト『求人ボックス』にてゲームエンジニアの求人を確認したところ、以下のような求人が見つかりました。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2
質問に答えて簡単1分の適正プラン診断!

ゲームエンジニアに求められるスキル

ゲームエンジニアに求められる知識・スキルについて解説します。なお、ゲームエンジニアは、どの分野を目指すかで、必要な知識・スキルが変わってきます。

ゲームエンジン(統合開発環境)の知識、スキル

近年のゲーム開発はゲームエンジンを用いて、開発効率を上げる手法が採られています。代表的なゲームエンジンとしては「Unity」や「Unreal Engine 4」などが挙げられるでしょう。特に3DやVR系ゲームの開発ならば、Unityが有力です。こうしたゲームエンジンは「統合開発環境」としての性質も持っており、ゲームエンジン内でゲーム開発全体を賄えるようになっています。

プログラミングスキル

ゲームエンジニアには高いプログラミングスキルが求められます。実際にコードを記述しない立場の場合でもプログラミングスキルは必要です。なぜなら、システム開発を円滑に進められ、クライアントやプログラマーから信頼を得やすくなるからです。また、自身のキャリアパスの幅も広がりますので、ゲームエンジニアはプログラミングを習得しましょう。

ITに関する知識

ゲームエンジニアは、ゲームの開発においてソフトウェア技術とプログラミングに精通している必要があります。プログラミング言語(C++、C#、Javaなど)やスクリプト言語(Python、Luaなど)を理解し、実装に活用する能力が求められます。また、ゲームエンジン(Unity、Unreal Engineなど)や開発ツールについても理解していることが重要です。

英語力

ゲームエンジニアにとって、英語力は重要なスキルです。ゲーム開発において、英語で書かれたドキュメントや技術情報を読み解く必要があります。また、オンラインコミュニティやフォーラムでの情報共有やコミュニケーションにも英語が使用されることが多いため、英語力は非常に役立ちます。

数学・物理学の知識

ゲームは数学と物理学の原則に基づいて動作します。ゲームエンジニアは、3D空間の数学、ベクトル、行列、トランスフォーメーションなどの数学的な概念を理解しています。また、物理エンジンや衝突検出の原理を理解し、リアルな物理演算を実装する能力が求められます。

ゲームエンジニアの将来性

まず、ゲームエンジニアの将来性は高いといえます。

ゲーム業界を大きく分けると以下の3つに分けられます。

  • コンシューマーゲーム
  • オンラインゲーム
  • スマホゲーム

今では「据え置き型のゲーム」の需要は低下していますが、スマホアプリやオンラインゲームの需要は伸び続けています。

通勤・通学中でもスマホアプリは家庭用ゲームと違ってプレイ可能なため、老若男女問わず多くのユーザーに利用されます。

また、eスポーツを初めとし多くの大人にも利用されることから、スマホアプリのゲームエンジニアの需要は最も高いと言えます。

たとえ、ゲーム業界の衰退が進みゲームエンジニアの需要がなくなったとしても、他分野へのキャリア転換も可能なため就職先に困ることはないでしょう。

ゲームエンジニアに向いている人とは?

ゲームエンジニアには、どのような人物が向いているのでしょうか?あらかじめ向いている人の特徴を把握すれば、自分のゲームエンジニアへの適性がわかります。

  • ゲームが好き
  • 新しいものを作るのが好き

ゲームが好き

ゲームエンジニアの仕事において、ゲームが好きという感情は大切です。根本的にゲームが好きでなければ、面白いゲームの企画が浮かぶ可能性も低いからです。

また、ゲームエンジニアは四六時中ゲームと向き合う仕事でもあります。したがって、ゲームが好きでなければ続けることが困難です。

ゲームへの熱量が大きいほど、ゲームエンジニアの適性も高いといえます。

新しいものを作るのが好き

新しいものを作るのが好きという性質も、ゲームエンジニアに向いている特徴のひとつ。

というのも、誰も見たことがない新しいゲームを作ることが、ゲームエンジニアの醍醐味だからです。既存のゲームの焼き直しのようなゲームは、世間の反響はもちろん仕事として面白みがありません。

世間を驚かすような新しいものを作るという思いは、ゲームエンジニアにとって不可欠です。したがって、新しいものを作るのが好きな人は、ゲームエンジニアに向いているといえます。

まとめ

いかがだったでしょうか。以下、今回の記事『ゲームエンジニアとは?仕事内容や年収、必要スキル、将来性を解説』のまとめです。

ゲームエンジニアは、スマートフォン・PC・コンシューマー向けゲームを開発する技術職の総称です。ゲームエンジニアには、ゲームプログラマー、グラフィックプログラマー、ネットワークプログラマー、サウンドプログラマーなどの専門分野があります。

主な役割としてはゲームのコンセプトの打ち合わせから制作、バグの修正まで幅広い業務を担当します。ゲームエンジニアには、ITに関する知識、数学・物理学の知識、そして英語力が求められます。スキルを磨き、自身の志向に合わせて成長することが重要です。