【Pythonの資格一覧】各資格の特徴と選び方をわかりやすく解説

プログラミング言語の辞書

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

Pythonの資格とは

Pythonの資格は、Pythonプログラミング言語のスキルを証明するための資格です。

Pythonは、そのシンプルで読みやすい文法と豊富なライブラリにより、プログラミング初心者からエキスパートまで幅広い層に人気があります。Pythonの資格を取得することで、自身のスキルを正式に認定し、就職やキャリアのアップグレードに役立てることができます。

Pythonの資格には、さまざまなレベルや分野に応じた資格が存在します。初心者向けの基礎的な資格から、応用的なテーマに特化した資格まで、幅広い選択肢があります。

また、Pythonの資格試験は実践的な内容で構成されており、実際のプログラミングスキルを評価するための課題やプロジェクトが含まれることが多いです。
受講料98,000円!忍者CODEのPythonコースはこちら▶

Pythonの資格の特徴

レベルに応じた資格

Pythonの資格は、初心者から上級者までの幅広いレベルに対応しています。初心者向けの資格では、Pythonの基礎的な概念や文法、プログラミングの基本的な考え方を学ぶことが主眼となっています。

一方、上級者向けの資格では、高度なトピックや実践的な応用に重点を置いており、データサイエンス、機械学習、ウェブ開発など特定の分野に特化したスキルを求められます。各レベルの資格には、それぞれ適切な難易度と試験範囲が設定されています。

分野別の資格

Pythonの資格は、さまざまな分野に応じて設計されています。

例えば、データサイエンスや機械学習に関連する資格では、Pythonを用いたデータ分析や機械学習モデルの構築に焦点を当てています。ウェブ開発に関連する資格では、Pythonを使ったフレームワークやツールの活用、サーバーサイドの開発などに重点が置かれています。

さらに、ネットワーキングやセキュリティ、自然言語処理などの分野に特化した資格も存在します。分野別の資格を選ぶことで、自身の関心やキャリアの方向性に合わせたスキルを磨くことができます。

実践的な試験内容

Pythonの資格試験は、実践的な内容で構成されています。単なる知識の問われる形式ではなく、実際のプログラミングスキルや問題解決能力を評価するための課題やプロジェクトが含まれることが多いです。

試験では、Pythonを使ったコーディング課題やプログラムのデバッグ、実際のプロジェクトに基づく問題解決などが求められることもあります。

これにより、資格取得者が実際の業務やプロジェクトでPythonを効果的に活用できる能力を持っているかを評価することが可能です。実践的な試験内容によって、資格取得者は実務での即戦力として活躍することが期待されます。
忍者CODEのPythonコース(転職支援プラン)はこちら▶

Pythonの資格選びのポイント

目的に合った資格を選ぶ

Pythonの資格を選ぶ際には、自身の目的やキャリアの方向性に合った資格を選ぶことが重要です。

例えば、Pythonを学習してプログラミングの基礎を身につけたい場合は、初心者向けの基礎的な資格を選ぶことが適しています。

一方、データサイエンスや機械学習に特化したスキルを身につけたい場合は、それに関連する資格を選ぶことが効果的です。自身の目標や興味に合った資格を選ぶことで、学習のモチベーションを高めることができます。

試験内容と要件を確認する

Pythonの資格を選ぶ際には、試験内容と要件を事前に確認することも重要です。

資格の試験内容は、コーディング課題やプロジェクト、マルチプルチョイス問題など様々な形式があります。自身がどのような形式の試験に挑戦したいのかを考慮し、適切な資格を選ぶことが必要です。

また、要件には試験の難易度や必要な前提知識、試験合格のためのスコアなどが含まれています。自身のスキルや経験に合わせて要件を確認し、適切な資格を選択しましょう。

信頼性と市場価値を考慮する

Pythonの資格を選ぶ際には、信頼性と市場価値も考慮すべき要素です。信頼性のある資格は、業界で広く認知されており、試験の信頼性や認定基準が高いことを意味します。

また、市場価値がある資格は、求人市場やキャリアの発展において有利な要素となります。一般的に、大手IT企業や専門機関が提供する資格は、その信頼性と市場価値が高い傾向にあります。資格の提供元や資格取得者の評判などを調査し、信頼性と市場価値を考慮して資格を選ぶことが重要です。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2

代表的なPythonの資格

Python InstituteのPCAP

Python InstituteのPCAP(Python Certified Associate Programmer)は、Pythonの基礎的な知識とプログラミングスキルを証明するための資格です。

初心者向けの資格であり、Pythonの文法、データ型、制御構造などの基本的な概念を習得することが求められます。

PCAPは、Python Instituteが提供する公式な資格であり、Pythonプログラミングのスキルを証明するための一つの基準となります。

Python InstituteのPCPP

Python InstituteのPCPP(Python Certified Professional Programmer)は、Pythonの上級者向けの資格です。

PCPPでは、より高度なトピックや実践的な応用に焦点を当てた問題が出題されます。データ処理、データベースアクセス、ネットワーキング、GUIプログラミングなど、より実践的なスキルを求められます。

PCPPは、PCAPの後続資格として位置づけられており、Pythonのプロフェッショナルなスキルを証明するための資格です。

MicrosoftのMTA Python

MicrosoftのMTA Python(Microsoft Technology Associate Python)は、Microsoftが提供するPythonの基礎的な知識を評価するための資格です。

MTA Pythonでは、Pythonの基本構文、データ型、制御フローなどに関する理解が求められます。

この資格は、Pythonを使ったアプリケーション開発やデータ分析への入門として適しています。MTA Pythonは、Microsoftの認定資格の一つであり、Microsoftの技術スタックにおけるPythonスキルの証明として有用です。

AWSのCertified Developer – Associate

AWSのCertified Developer – Associateは、AWS(Amazon Web Services)のクラウドプラットフォーム上での開発スキルとPythonの利用に焦点を当てた資格です。

この資格では、AWSのサービスの使用方法や開発ツール、デプロイメントなどに関する知識が求められます。PythonはAWS上でよく利用されるプログラミング言語の一つであり、AWSの開発者としての能力を証明するために有用な資格です。

AWSについての解説はこちら

Pythonの資格取得のメリット

Pythonに限らず開発の現場においては、資格の有無よりもスキルや実績が重視される傾向にあります。

資格の取得を一番の目標とはせず、実績を作ることやスキルを身に着けていく中で、その補足として資格取得を考えてもらえればと思います。

とはいえ、資格取得は間違いなくプラスに働くので、以下にPythonの資格を取得することのメリットが挙げます。

  • キャリアの幅が広がる
    Pythonは非常に人気のあるプログラミング言語であり、さまざまな業界や分野で活用されています。Pythonの資格を取得することで、プログラミングやソフトウェア開発のキャリアの幅を広げることができます。
    関連記事:「未経験からPythonエンジニアとして転職したいなら」
  • 求人市場での競争力が向上する
    Pythonのスキルを持つことは、求人市場での競争力を高める要素となります。Pythonの資格を取得することで、自身のスキルや知識を証明し、求人募集や転職活動で有利なポジションを獲得することができます。
  • プロジェクトやチームでの貢献が可能になる
    Pythonの資格取得により、プロジェクトやチームでより貢献することができます。資格を持つことで、Pythonを効果的に活用してプログラミングの課題を解決したり、効率的なソフトウェア開発に貢献したりすることができます。
  • 専門知識の習得とスキルの深化
    Pythonの資格取得は、専門知識の習得とスキルの深化につながります。資格の取得過程で、Pythonのさまざまな機能やベストプラクティスについて学び、実践的なスキルを磨くことができます。
  • 信頼性と認知度の向上
    Pythonの公式な資格を取得することで、自身の信頼性と認知度を向上させることができます。資格は、Pythonを使ったプログラミングスキルの証明となり、他の人や企業からの信頼を得ることができます。

Pythonの資格取得には、自身のキャリアの発展やプロフェッショナルな成長にとって多くのメリットがあります。資格を取得することで、自信を持ってPythonを活用し、さまざまなチャンスや機会を掴むことができるでしょう。