Pythonとは何か?基本概念や使用用途について初心者向けに解説

プログラミング言語の辞書

Pythonの概要

Pythonは、汎用プログラミング言語の一つです。1991年にGuido van Rossum氏によって開発され、現在では広く使われている言語の一つです。Pythonは、シンプルかつ読みやすい文法を持ち、初心者にとっても学びやすい特徴があります。

Pythonはさまざまな用途に利用されています。ウェブ開発では、DjangoやFlaskなどのフレームワークを使ってサーバーサイドの開発が行われます。データサイエンスや機械学習の分野では、NumPyやPandasなどのライブラリを活用してデータの解析や処理が行われます。また、ゲーム開発やネットワークプログラミング、自動化など、さまざまな領域でPythonが使われています。
受講料98,000円!忍者CODEのPythonコースはこちら▶

Pythonの特徴

読みやすく書きやすい文法

Pythonの文法は非常にシンプルであり、読みやすく書きやすい特徴があります。インデント(字下げ)を使ったブロック構造により、コードの可読性が高まります。

また、自然言語に近い文法を採用しており、英語に近い表現が使われます。これにより、初心者でも直感的にコードを理解しやすくなっています。Pythonの文法のシンプルさは、開発効率の向上やチームでの協力作業をスムーズにするなどの利点があります。

インタプリタ型言語

Pythonはインタプリタ型のプログラミング言語です。

これは、コードを実行する際にコンパイルの工程を経ずに、逐次的にコードを解釈しながら実行するという意味です。開発者はコードを書いてすぐに実行結果を確認できます。

また、実行中にコードを修正して再度実行することも容易です。このインタプリタ型の特性により、素早い開発やデバッグが可能となります。

豊富な標準ライブラリとサードパーティライブラリ

Pythonには豊富な標準ライブラリが含まれており、さまざまな機能が組み込まれています。

ある特定の機能を持ったコンピュータプログラムを他のプログラムから呼び出して利用できるように部品化し、そのようなプログラム部品を複数集めて一つのファイルに収納したものをライブラリという。
引用:IT用語辞典 e-Words

例えば、ファイル操作、データの処理、ネットワーク通信、データベース接続などの機能が提供されています。これにより、開発者は必要な機能を自前で実装する必要がなくなります。

さらに、Pythonのコミュニティでは多くのサードパーティライブラリが開発されており、特定の目的に特化したライブラリやフレームワークを簡単に導入することができます。機械学習やデータ解析、ウェブ開発など、さまざまな領域で活用されています。

以上がPythonの特徴についての解説です。Pythonの読みやすく書きやすい文法、インタプリタ型の特性、そして豊富な標準ライブラリとサードパーティライブラリの存在は、Pythonが人気のあるプログラミング言語となる要因の一つです。
忍者CODEのPythonコース(転職支援プラン)はこちら▶

Pythonの用途

ウェブ開発

Pythonはウェブ開発に広く利用されています。特に、DjangoやFlaskなどのフレームワークを使用することで、効率的にウェブアプリケーションを開発することができます。

これらのフレームワークは、ルーティング、データベース接続、ユーザー認証などの一般的なウェブ開発タスクを簡素化し、開発者が高品質なウェブアプリケーションを素早く構築できるようにサポートしています。

データサイエンスと機械学習

Pythonはデータサイエンスや機械学習の分野でも広く使われています。

NumPyやPandasなどのライブラリを活用することで、データの解析や操作、可視化が容易になります。

また、機械学習ライブラリであるScikit-learnやTensorFlow、PyTorchなどもPythonで使用することができます。これらのライブラリは、機械学習モデルの構築、トレーニング、評価などをサポートし、データサイエンスや機械学習の研究や実践において重要な役割を果たしています。

ゲーム開発

Pythonはゲーム開発にも利用されています。

Pygameなどのゲーム開発用ライブラリを使用することで、2Dのゲームを作成することができます。Pythonのシンプルな文法や豊富なライブラリを活用することで、ゲームのロジックやグラフィックスの処理を効率的に記述できます。

また、Pythonをスクリプト言語として使用することで、ゲームの挙動やシステムの設定を柔軟に変更することができます。Pythonは教育用のゲームやプロトタイプの開発にも適しており、幅広いゲーム開発プロジェクトで活用されています。

以上がPythonの主な用途についての解説です。Pythonはウェブ開発からデータサイエンス、機械学習、そしてゲーム開発まで幅広い領域で活躍しています。その柔軟性と豊富なライブラリ群により、さまざまなプロジェクトに応用することができます。
忍者CODEのPythonコース(転職支援プラン)はこちら▶

Pythonの基本概念

変数とデータ型

Pythonでは変数を使用してデータを格納します。変数は値に名前を付けるためのものであり、任意のデータを代入することができます。Pythonは動的型付け言語であるため、変数の型は宣言する必要がありません。

Pythonはさまざまなデータ型をサポートしており、整数型(int)、浮動小数点数型(float)、文字列型(str)、真偽値型(bool)などがあります。適切なデータ型を選択し、変数に値を割り当てることでデータの処理が可能となります。

制御構造

Pythonでは変数を使用してデータを格納します。変数は値に名前を付けるためのものであり、任意のデータを代入することができます。Pythonは動的型付け言語であるため、変数の型は宣言する必要がありません。

Pythonはさまざまなデータ型をサポートしており、整数型(int)、浮動小数点数型(float)、文字列型(str)、真偽値型(bool)などがあります。適切なデータ型を選択し、変数に値を割り当てることでデータの処理が可能となります。

関数とモジュール

Pythonでは変数を使用してデータを格納します。変数は値に名前を付けるためのものであり、任意のデータを代入することができます。Pythonは動的型付け言語であるため、変数の型は宣言する必要がありません。

Pythonはさまざまなデータ型をサポートしており、整数型(int)、浮動小数点数型(float)、文字列型(str)、真偽値型(bool)などがあります。適切なデータ型を選択し、変数に値を割り当てることでデータの処理が可能となります。

クラスとオブジェクト指向プログラミング

Pythonはオブジェクト指向プログラミング(OOP)の概念をサポートしています。

クラスはオブジェクトの設計図であり、オブジェクトはクラスのインスタンスです。クラスは属性(変数)とメソッド(関数)を持ち、それらを使用してオブジェクトの振る舞いを定義します。

オブジェクト指向プログラミングは、プログラムの構造をより抽象的に表現し、再利用性や拡張性を高めるために使用されます。Pythonのクラスとオブジェクト指向プログラミングの機能を活用することで、複雑なプログラムの設計と開発を容易にすることができます。

以上がPythonの基本概念についての解説です。変数とデータ型、制御構造、関数とモジュール、そしてクラスとオブジェクト指向プログラミングは、Pythonにおける基本的な概念であり、効果的なプログラミングを行うために重要な要素です。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2

Pythonを挫折することなく習得するなら

独学?スクール?

これからPythonなどプログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でPythonを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。
忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。

まとめ

Pythonは人気のあるプログラミング言語であり、その特徴や用途、基本概念について解説しました。

Pythonは読みやすく書きやすい文法を持ち、初心者にも優しい言語です。インタプリタ型言語であるため、コンパイルの手間が不要で即座にコードを実行することができます。また、豊富な標準ライブラリとサードパーティライブラリが存在し、さまざまな目的に応じた開発が可能です。

Pythonの用途としては、ウェブ開発、データサイエンスと機械学習、ゲーム開発などがあります。特に、DjangoやFlaskを使用したウェブアプリケーションの開発や、NumPyやPandasを用いたデータ解析、機械学習ライブラリの活用などがよく行われます。

Pythonの基本概念としては、変数とデータ型、制御構造、関数とモジュール、クラスとオブジェクト指向プログラミングがあります。これらの概念を理解することで、効率的なプログラミングが可能となります。

Pythonはシンプルな構文と豊富なライブラリにより、幅広いプロジェクトに適用されています。その柔軟性と使いやすさから、初心者からプロの開発者まで幅広い層に支持されています。

Pythonの学習を始めることで、プログラミングの基礎を身につけ、さまざまなプロジェクトで活躍することができます。是非、Pythonを学んでみてください。