あなたに合った学習プランは?LINE適正コース診断はこちら プログラミングが全て無料で学習可能!
【HTML入門】初心者でもわかる空白(スペース)を作る方法 - 忍者CODEマガジン

【HTML入門】初心者でもわかる空白(スペース)を作る方法

プログラミング言語の辞書

HTMLで作る空白(スペース)の重要性

空白(スペース)は、ウェブページのデザインや読みやすさにおいて重要な役割を果たします。

適切な空白の配置は、コンテンツのレイアウトや視覚的なバランスを整えるために欠かせません。

例えば、テキストや要素の間に適度なスペースを設けることで、読みやすさが向上し、情報の整理がしやすくなります。また、要素間の適切な距離を保つことで、視覚的な階層感やグルーピングを表現することもできます。

さらに、空白はコンテンツの伝達力にも影響を与えます。適切な間隔を設けることで、重要な情報を強調し、視線の誘導を行うことができます。逆に、不適切な空白の配置は、コンテンツの読み取りや理解を妨げる可能性があります。

この記事では、初心者の方でも理解しやすいように、空白(スペース)を作成する方法について解説していきます。適切な空白の活用によって、ウェブページのデザインや情報伝達の効果を最大限に引き出すことができるようになるでしょう。

プログラミングスクール無料メンター相談

【HTML】インライン要素とブロック要素の違い

HTMLにはインライン要素とブロック要素という2つの主要な要素タイプがあります。この記事では、インライン要素とブロック要素の違いに焦点を当て、それぞれの要素が空白(スペース)をどのように扱うかについて説明します。

インライン要素の空白の扱い

インライン要素は、テキスト内の一部をマークアップするために使用されます。

例えば、<span>や<a>などの要素がインライン要素に該当します。インライン要素は、要素の開始タグと終了タグの間にある空白(スペース)を無視します。つまり、複数のスペースや改行があっても、表示される際にはひとつのスペースとして扱われます。

ブロック要素の空白の扱い

ブロック要素は、ページのセクションやコンテンツの大部分を定義するために使用されます。

例えば、<div>や<p>などの要素がブロック要素に該当します。ブロック要素は、要素の前後にある空白(スペース)を維持します。つまり、複数のスペースや改行がそのまま反映され、表示される際にもそのまま空白として扱われます。
全91問!HTML無料問題集はコチラ▶

HTMLでの空白の作成方法

空白(スペース)を作成する方法は、要素の種類によって異なります。以下では、インライン要素とブロック要素における空白の作成方法、およびテキストの間隔を調整する方法について説明します。

インライン要素内での空白作成

インライン要素は、テキストの一部をマークアップするために使用されます。例えば、<span><a>などの要素がインライン要素です。インライン要素内での空白を作成するには、特別な方法が必要です。HTMLでは通常、連続する空白や改行は無視されます。しかし、表示上空白を表示させたい場合には、HTMLエンティティである「&nbsp;」を使用します。このエンティティを要素の間に挿入することで、表示される際に空白が維持されます。

以下に、インライン要素内での空白作成の例を示します。

<p>これは<span>空白を  作成する例</span>です。</p>

この例では、&nbsp;を使用して2つの空白を作成しています。ブラウザで表示すると、2つのスペースが表示されます。

ブロック要素内での空白作成

ブロック要素は、ページのセクションやコンテンツの大部分を定義するために使用されます。例えば、<div><p>などの要素がブロック要素です。ブロック要素内での空白を作成するには、特別な方法は必要ありません。改行やスペースを適切に挿入するだけで、表示される際に空白が反映されます。

以下に、ブロック要素内での空白作成の例を示します。

<div>
 これは
 空白を作成する
 例です。
</div>

この例では、改行とスペースを使用して空白を作成しています。ブラウザで表示すると、改行やスペースが空白として反映されます。

テキストの間隔を調整する方法

また、テキストの間隔を調整する方法として、CSSを使用することもできます。CSSのletter-spacingプロパティを使用すると、テキストの文字間隔を調整できます。具体的な数値を指定することで、文字間のスペースを変更することができます。

以下に、CSSを使用してテキストの間隔を調整する例を示します。

<p style="letter-spacing: 2px;">これはテキストの間隔を調整する例です。</p>

この例では、letter-spacingプロパティを使用してテキストの間隔を2ピクセルに設定しています。

プログラミングスクール無料メンター相談

空白を制御するCSSプロパティ

空白(スペース)の制御には、CSSプロパティを使用することができます。以下では、特によく使われる3つのCSSプロパティについて説明します。

white-spaceプロパティ

「white-space」プロパティは、テキスト内の空白や改行の扱い方を指定します。このプロパティを使うことで、空白や改行を無視するか、保持するかを制御できます。

以下に、white-spaceプロパティを使用して空白を制御する例を示します。

<p style="white-space: nowrap;">これは改行を無視する例です。</p>

この例では、white-space: nowrap;を指定しています。これにより、テキストが改行されず、水平方向に連続して表示されます。

letter-spacingプロパティ

「letter-spacing」プロパティは、文字間のスペースを調整するために使用されます。このプロパティを使うことで、文字間の間隔を変更することができます。

以下に、letter-spacingプロパティを使用して文字間のスペースを調整する例を示します。

<p style="letter-spacing: 2px;">これは文字間のスペースを調整する例です。</p>

この例では、letter-spacing: 2px;を指定しています。これにより、テキスト内の文字間が2ピクセル分広がります。

word-spacingプロパティ

「word-spacing」プロパティは、単語間のスペースを調整するために使用されます。このプロパティを使うことで、単語間のスペースを変更することができます。

以下に、word-spacingプロパティを使用して単語間のスペースを調整する例を示します。

<p style="word-spacing: 4px;">これは単語間のスペースを調整する例です。</p>

この例では、word-spacing: 4px;を指定しています。これにより、テキスト内の単語間が4ピクセル分広がります。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2
質問に答えて簡単1分の適正プラン診断!

挫折することなくHTMLを習得するなら

独学?スクール?

ここまで、HTMLとは何なのか?について概念的な話から各要素の役割、各要素の使い方なども交えて紹介してきました。

ただ、実際学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でHTMLを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。

プログラミングスクール無料メンター相談

忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。

まとめ

では、今回の記事を簡潔にまとめます。

  • インライン要素では、空白は表示されないが、&nbsp;を使用して空白を作成できる。
  • ブロック要素では、CSSのマージンやパディングを設定することで空白を作成できる。
  • テキストの間隔を調整するには、letter-spacingword-spacingプロパティを使用する。
  • white-spaceプロパティを使用すると、テキスト内の空白や改行の扱い方を制御できる。

これらの方法を組み合わせて適切に空白を制御することで、ウェブページのデザインや読みやすさを向上させることができます。