Gitを利用するメリットをわかりやすく解説|エンジニア必須ツール

プログラミング言語の辞書

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

Gitとは

Gitは、分散型バージョン管理システムの一つであり、ソフトウェア開発において必須のツールです。

バージョン管理とは、プロジェクトのファイルやコードの変更履歴を管理し、複数の人が同時に作業する場合でも効率的に協力できる仕組みです。Gitを利用することで、変更履歴の追跡やマージ、チームメンバー間での共有が容易になります。

また、リモートリポジトリを活用することで、地理的に離れたチームやリモートワーカーともシームレスに協力することができます。次のセクションでは、Gitの利用によるメリットについて詳しく解説します。
全20問!GIT無料問題集はコチラ▶

Gitを使うメリット1.バージョン管理の効率化

履歴の追跡と管理

Gitを利用する主なメリットの一つは、プロジェクトの履歴を追跡し管理することができる点です。

Gitは、各変更をコミットと呼ばれる単位で保存し、それぞれのコミットには一意の識別子が付与されます。このため、過去のコミットや変更内容を簡単に辿ることができます。

履歴の追跡により、特定のバグや問題の原因を特定したり、過去の正常な状態に戻すことが容易になります。

変更の差分表示

Gitは、ファイルやコードの変更内容を差分として表示する機能を提供します。

これにより、特定のコミット間での変更箇所を明確に把握することができます。差分表示によって、複数人で同時に作業する場合でも、どの部分が変更されたのかを容易に理解できます。

さらに、差分を確認することで、コードレビューや品質管理の効率化も図ることができます。

ブランチの作成とマージ

Gitでは、ブランチと呼ばれる作業用の独立した分岐を作成することができます。

ブランチを利用することで、同時に複数の作業を進めることが可能です。例えば、新機能の追加やバグ修正を行うために、独立したブランチを作成し作業を進めることができます。

そして、作業が完了したら、ブランチをマージしてメインの開発ブランチに統合することができます。このブランチの作成とマージの機能により、複数人での開発作業を効果的に管理できます。

また、マージによってコンフリクト(衝突)が発生した場合でも、Gitはそれを検出し解決するためのツールや手法を提供しています。
全20問!GIT無料問題集はコチラ▶

Gitを使うメリット2.チーム開発の円滑化

リモートリポジトリの共有

Gitを利用することで、チームメンバーはリモートリポジトリを通じてプロジェクトの共有を行うことができます。

リモートリポジトリは、中央の共有場所となり、チーム全体でコードの変更や追加を行います。これにより、メンバー間でのファイルの送受信や手動の同期作業をする必要がなくなり、コラボレーションの効率が向上します。

プルリクエストの活用

Gitのプルリクエスト(Pull Request)機能は、チーム開発において重要な役割を果たします。

プルリクエストは、変更を行ったブランチからメインブランチに変更を取り込む要求を行う機能です。チームメンバーは、自分が作業したブランチの変更内容を他のメンバーに対してリクエストし、コードのレビューを依頼することができます。

これにより、チーム内でのコード品質の向上やバグの早期発見が可能となります。

コードレビューの支援

Gitを利用することで、コードレビューのプロセスがスムーズになります。

変更内容がプルリクエストとして提出されると、他のチームメンバーは変更差分やコメントを確認し、フィードバックを提供することができます。コードレビューによって、コードの品質やスタイルの統一性を確保し、バグやセキュリティ上の問題の早期発見が可能です。

Gitのコードレビュー機能によって、チーム全体のコミュニケーションと品質管理が円滑に行われます。
全20問!GIT無料問題集はコチラ▶

Gitを使うメリット3.バグ修正とバージョン管理の統合

バグ修正ブランチの作成

Gitを利用することで、バグ修正の管理と追跡が容易になります。

バグが報告された場合、Gitでは新たなブランチを作成してそのバグ修正作業を行うことが一般的です。これにより、メインの開発ブランチとは別にバグ修正に専念することができます。修正が完了したら、バグ修正ブランチをマージしてメインの開発ブランチに取り込むことで、バグ修正が反映されます。

バグ修正ブランチの作成と管理により、バグの特定と修正のプロセスが明確化され、開発プロジェクトの品質向上に寄与します。

バージョンタグの付与

Gitでは、バージョンタグを利用して特定のリリースやマイルストーンを明示的に示すことができます。

バージョンタグは、特定のコミットに対して識別子を付与することで、リリースやバージョンの管理を補助します。バグ修正や新機能の追加など、重要なマイルストーンを達成したタイミングでバージョンタグを付与することで、プロジェクトの進捗やリリースの履歴を明確に示すことができます。

また、バージョンタグによって、特定のバージョンのソースコードを簡単に取得することも可能となります。
全20問!GIT無料問題集はコチラ▶

Gitを使うメリット4.履歴の可視化とドキュメント生成

コミットログの閲覧

Gitを使用すると、コミットログを通じてプロジェクトの変更履歴を可視化することができます。

コミットログは、各コミットに関する情報(変更内容、コミットメッセージ、コミット者など)を含みます。これにより、プロジェクトの進捗や変更の経緯を追いやすくなります。コミットログを閲覧することで、特定のコードや機能の変更箇所を把握したり、問題の特定や修正の優先度を判断することができます。

ドキュメント生成ツールとの連携

Gitは、ドキュメント生成ツールとの連携により、開発プロジェクトのドキュメント作成を支援します。

多くのドキュメント生成ツール(例:Jekyll、Sphinx)は、ソースコードから自動的にドキュメントを生成する機能を提供しています。Gitでは、コードとドキュメントを同じリポジトリで管理できるため、ソースコードとドキュメントのバージョンの一貫性を保つことができます。

また、コミットログやブランチの情報を活用して、ドキュメントの変更履歴やバージョン情報を追加することも可能です。これにより、開発者は自動的にドキュメントを生成し、常に最新のドキュメントを提供することができます。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2>
質問に答えて簡単1分の適正プラン診断!

Gitを使うメリット5.リモートワークとの相性

リモートワークがますます普及する現代の働き方において、Gitは非常に優れたツールです。

以下に、Gitがリモートワークとの相性に与えるメリットを紹介します。

Gitを利用することで、リモートチームメンバー間でのコードの共有や変更の管理が容易になります。リモートリポジトリを使用することで、チーム全体が同じコードベースを参照できるため、作業の一貫性が保たれます。また、各メンバーがローカルで作業し、変更をコミットしてリモートリポジトリにプッシュすることで、作業の進捗状況をリアルタイムで把握できます。

さらに、ブランチとプルリクエストの機能により、リモートワーク時にも効果的なコラボレーションを実現できます。メンバーは独立したブランチで作業し、プルリクエストを通じて変更のレビューやフィードバックを行うことができます。これにより、異なる時間帯や地域にいるメンバー同士でも効率的なコードレビューと協力が可能となります。

また、リモートワーク時にはオフラインでの作業も増えるため、Gitの分散バージョン管理システムの特徴が重要です。各メンバーは自身のローカルリポジトリで作業を進めることができ、ネットワークに接続されていない状況でもコミットやブランチの切り替えが可能です。その後、ネットワーク接続が復旧した際に変更をリモートリポジトリにプッシュすることで、他のメンバーとの同期を図ることができます。

総じて、Gitはリモートワーク環境での効果的なコード管理と協力を支援するため、チームの生産性向上に貢献します。リモートワークが増える中、Gitの利用は不可欠なツールと言えるでしょう。
全20問!GIT無料問題集はコチラ▶

Gitを使うメリット6.グローバルコミュニティとの連携

Gitはオープンソースプロジェクトやグローバルコミュニティとの連携に非常に適したツールです。以下に、Gitがグローバルコミュニティとの連携に与えるメリットを紹介します。

Gitを利用することで、プロジェクトをオープンソース化し、グローバルな開発コミュニティと共有することが容易になります。リモートリポジトリをホスティングサービスに公開することで、開発者やコントリビューターが自由にコードにアクセスし、変更を提案できる環境を提供できます。これにより、グローバルな開発者コミュニティからのフィードバックや貢献を受け入れることが可能となります。

また、Gitのブランチやプルリクエスト機能を活用することで、コミュニティメンバーが自分の変更を簡単に共有できます。コミュニティメンバーは自分のブランチで作業し、変更のリクエストをプルリクエストとして提出することで、コードの変更や追加を提案できます。これにより、オープンソースプロジェクトの管理者やコミュニティメンバーが変更を確認し、マージやフィードバックを提供することができます。

さらに、グローバルな開発コミュニティとの連携において、Gitの多言語対応と柔軟性が重要な役割を果たします。Gitは異なる開発言語やプロジェクトのニーズに対応できるため、さまざまなプログラミング言語やフレームワークで使用されています。これにより、グローバルな開発コミュニティの多様なニーズに対応し、より幅広い開発者との協力が可能となります。

総じて、Gitはオープンソースプロジェクトやグローバルな開発コミュニティとの連携を容易にし、コードの共有や協力を促進します。グローバルコミュニティとの連携において、Gitの利用は非常に重要であり、プロジェクトの成長と開発者間の相互作用を促進する力を持っています。
全20問!GIT無料問題集はコチラ▶

挫折することなくエンジニアを目指すなら

独学?スクール?

これからHTMLやCSSなどプログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際に学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でHTMLやCSSを始めとしたプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。
忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。

まとめ

Gitはエンジニアにとって必須のツールであり、以下のメリットがあります。

まず、バージョン管理の効率化により、履歴の追跡や変更の差分表示、ブランチの作成とマージが容易になります。

さらに、チーム開発の円滑化に貢献し、リモートリポジトリの共有やプルリクエスト、コードレビューをサポートします。バグ修正とバージョン管理の統合では、バグ修正ブランチの作成とバージョンタグの付与がスムーズに行えます。

また、履歴の可視化とドキュメント生成により、コミットログの閲覧やドキュメント生成ツールとの連携が可能です。さらに、リモートワークとの相性にも優れており、リモートチームのコード共有やコラボレーションを支援します。さらに、グローバルコミュニティとの連携にも適しており、オープンソースプロジェクトや開発者コミュニティとの協力を容易にします。

Gitの利用はエンジニアにとって不可欠であり、効率的な開発とコミュニティとの相互作用を促進します。