Gitとは何か?初心者向けに基本概念からわかりやすく解説します

プログラミング言語の辞書

Gitは、分散型バージョン管理システムの一つであり、ソフトウェア開発やプロジェクト管理において、ファイルやコードの変更履歴を管理するためのツールです。

忍者CODEの学習は“実践型”!
だから
結果を出せる!

忍者CODE

●初めてIT業界にチャレンジする方
∟はじめての方でも安心して学習できるように、基礎知識から実践的な課題までプロへのロードマップが分かりやすいカリキュラムを採用。
●副業に有利なことを探されている方
∟未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、学習だけでなく受講後もプロのメンターがマンツーマンで徹底的に副業サポートまで行い、受講後は必ず案件をご紹介するプランの副業・案件”保証”プランもあります。
●業界最安級の受講費用で始めやすい
∟月額9,8000円から始められる忍者CODEのプログラミングスクールは業界でも最安級!それでも学習し放題、サポートは無期限・無制限と、プロのメンターとエンジニアを筆頭に、皆さんを徹底的にサポートします。

まずは自分の適性プラン診断から!
適正コース診断

異なるバージョンのファイルを追跡し、変更を記録し、複数の開発者が同時に作業する場合でも効果的に協調できる仕組みを提供します。

Gitを使用することで、バージョンの管理や変更の追跡、バックアップの作成などを簡単かつ効率的に行うことができます。

Git等のバージョン管理システムの基本概念

バージョン管理とは

バージョン管理とは、ソフトウェア開発やプロジェクト管理において、ファイルやコードの変更履歴を管理することです。

バージョン管理システムを使用することで、ファイルの変更箇所や過去のバージョンを簡単に追跡することができます。これにより、チームでの協力作業や変更の管理が容易になり、バグ修正や機能追加などの作業が迅速かつ効果的に行えます。

分散型バージョン管理システムと集中型バージョン管理システム

バージョン管理システムは、大きく分散型バージョン管理システム集中型バージョン管理システムに分類されます。

集中型バージョン管理システムでは、中央のリポジトリにファイルの変更履歴が保存されます。開発者は中央リポジトリから最新のファイルを取得し、変更を加えた後に中央リポジトリに反映させることが必要です。

代表的な集中型バージョン管理システムには、Subversion(SVN)があります。

一方、分散型バージョン管理システムでは、各開発者がローカルに完全なリポジトリを保持しています。開発者は独立して作業を進め、必要な場合に他の開発者と変更履歴を統合します。

分散型バージョン管理システムの代表的なツールとしては、Gitがあります。

Gitの特徴

Gitは、分散型バージョン管理システムの一つであり、以下のような特徴を持っています。

  • 高速で効率的な操作
    Gitはローカルでの作業が高速であり、リモートリポジトリとの通信も効率的に行えます。これにより、大規模なプロジェクトでもスムーズに作業を進めることができます。
  • 分散型の柔軟性
    Gitは各開発者が完全なリポジトリを持っており、独立して作業を進めることができます。これにより、オフライン環境での作業や、複数のリモートリポジトリの統合など、柔軟な開発フローが可能となります。
  • 強力なブランチ機能
    Gitではブランチを作成して、複数の開発フローを並行して進めることができます。これにより、新機能の開発やバグ修正などを独立した環境で行うことができ、安全な実験やテストが可能です。
  • 変更履歴の完全性と追跡
    Gitは各変更をハッシュ値で識別し、完全な変更履歴を保持します。また、各変更にはメタデータが付与されるため、誰がいつ、なぜ変更を行ったのかを追跡することができます。

Gitのこれらの特徴により、バージョン管理の効率化やチームでの協力作業の円滑化が可能となります。

Gitの基本的な使い方

リポジトリの作成と初期化

Gitを使うためには、まずリポジトリを作成し、初期化する必要があります。

リポジトリは、ファイルやプロジェクトの変更履歴を保存する場所です。リポジトリを作成するには、git initというコマンドを使用します。

コミットの作成

Gitでは、ファイルやプロジェクトの変更をコミットと呼ばれる単位で保存します。

コミットは、特定の変更内容に対して一意の識別子(ハッシュ値)を持ちます。新しい変更をコミットするには、まず変更したファイルをステージングエリアに追加し、次にgit commitコマンドを使用してコミットを作成します。

ブランチの作成と切り替え

ブランチは、リポジトリ内で独立した作業領域を作るためのものです。

新しいブランチを作成するには、git branchコマンドを使用します。また、ブランチを切り替えるには、git checkoutコマンドを使用します。ブランチを切り替えることで、同じリポジトリ内で複数の作業を同時に進めることができます。

ファイルのステージングとコミット

Gitでは、変更したファイルをステージングエリアに追加してからコミットすることが推奨されています。

ステージングエリアに追加されたファイルは、次のコミットに含まれます。ファイルをステージングエリアに追加するには、git addコマンドを使用します。

リモートリポジトリとの連携

リモートリポジトリは、複数の開発者が共有できるオンライン上のリポジトリです。

リモートリポジトリとの連携には、主に次の2つの操作があります。一つはリモートリポジトリのクローン(複製)を作成することで、もう一つはリモートリポジトリに変更内容をプッシュ(送信)することです。リモートリポジトリのクローンやプッシュには、git clonegit pushコマンドを使用します。

以上が、Gitの基本的な使い方についての解説です。Gitは非常に強力なツールであり、バージョン管理や共同作業において大きな利点をもたらします。

Gitの効果的な使い方

ブランチの活用

Gitでは、ブランチを活用することで効果的な開発フローを実現することができます。

ブランチは、独立した作業領域を作り、複数の開発者が同時に作業を進めることができます。新しい機能の追加やバグ修正など、異なる作業を分けるためにブランチを作成しましょう。ブランチを作成するには、git branchコマンドを使用します。

コミットのメッセージの適切な書き方

コミットメッセージは、変更の内容や目的を記述する重要な要素です。

適切なコミットメッセージを書くことで、他の開発者や自分自身が後で変更の意図や履歴を理解しやすくなります。コミットメッセージは短くても構いませんが、変更の詳細な説明や関連する情報を追記すると良いでしょう。

プルリクエストやマージリクエストの活用

複数の開発者が共同で作業を進める場合、プルリクエストやマージリクエストを活用すると効果的です。

これらは、変更を他の開発者に通知し、レビューを依頼する機能です。他の開発者がコードを確認し、変更内容に問題がなければマージ(統合)することができます。これにより、品質向上やエラーの早期発見が可能になります。

コンフリクトの解決

複数の開発者が同じファイルの同じ箇所を変更した場合、コンフリクト(衝突)が発生します。

コンフリクトを解決するためには、変更を統合する必要があります。Gitはコンフリクトを自動的に解決することはできませんが、適切な手順とツールを使って解決することができます。コンフリクトが発生した場合は、変更内容を比較し、手動で修正する必要があります。

プログラミングスクールなら
忍者CODE

適正コース診断2>
質問に答えて簡単1分の適正プラン診断!

Gitの注意点

コードの保護とセキュリティ

Gitを使用する際には、コードの保護とセキュリティに注意を払う必要があります。

Gitは分散型のシステムであるため、誤った操作やセキュリティの脆弱性があると、重要なコードが失われたり、不正アクセスされる可能性があります。そのため、Gitリポジトリへのアクセス権限の適切な設定や、定期的なバックアップの実施など、コードの保護とセキュリティ対策を行うことが重要です。

コマンドの正確な使用

Gitは強力なツールですが、コマンドの正確な使用が求められます。

間違ったコマンドやオプションの使用は、意図しない結果をもたらす可能性があります。特に、削除や強制的な変更を伴うコマンドには注意が必要です。コマンドを使用する前に、そのコマンドの意味や影響を理解し、必要な場合はバックアップを取るなど、慎重に操作しましょう。

以上が、Gitの注意点についての解説です。

Gitは非常に便利なツールですが、誤った操作やセキュリティの問題によって逆効果になる可能性もあります。コードの保護とセキュリティ対策を徹底し、コマンドの正確な使用に注意しながら、Gitを効果的に活用しましょう。初心者の方でもこれらの注意点を守ることで、スムーズな開発と安全なコード管理を実現できます。

まとめ

Gitは分散型バージョン管理システムであり、ソフトウェア開発におけるコードのバージョン管理や共同作業を効率的に行うためのツールです。Gitの基本概念や使い方を理解することで、プロジェクトの履歴の管理やチームとの協力作業を容易にすることができます。

バージョン管理の基本概念やGitの特徴を把握し、リポジトリの作成・初期化、コミットの作成、ブランチの作成・切り替え、ファイルのステージング・コミット、リモートリポジトリとの連携などの基本的な使い方を学びました。

また、Gitを効果的に使用するためには、ブランチの活用、適切なコミットメッセージの書き方、プルリクエストやマージリクエストの活用、そしてコンフリクトの解決方法を知ることが重要です。

さらに、Gitの注意点としては、コードの保護とセキュリティに留意すること、コマンドの正確な使用に注意することが挙げられます。リポジトリの公開範囲やアクセス権の管理には注意し、コミットメッセージやコマンドオプションの適切な使用を心掛けましょう。

Gitは開発者にとって非常に便利なツールであり、適切に活用することで効率的な開発プロセスを実現できます。継続的な学習と実践を通じて、Gitのスキルを向上させていきましょう。

挫折することなくプログラミングを学ぶなら

独学?スクール?

これからHTMLやCSS、その他プログラミング言語の学習を始めようと考えている方、または最近学習を始めた方がいらっしゃるかと思います。

ただ、実際に学習を始めるとなると

1人で学習を進められるかな…
どこをゴールにしていいかわからない…
挫折してしまわないかな…

このように不安な気持ちになる方もいますよね。

たしかに、何かわからないことが出てきたとき、エラーが解決できないとき、誰かに相談できる環境がないことが理由でプログラミング言語の学習を挫折する方が多くいます。

実際にプログラミング言語初学者が挫折をする1番の理由は「不明点が発生した際に気軽に相談できる環境がない」という実態があります。

それだけ学習する環境が大事だということです。

そんな背景があるからこそ、プログラミングの勉強をする際にスクールを選ぶ方が多いのが事実です。

プログラミングスクールに通う理由は他にもあり、

・確実にスキルを身に着けたい
・効率良く学習を進めたい
・モチベーションの維持にもつながりそう
・以前に独学で挫折した経験がある
このように「確実に!」「効率良く!」といった声もよく上がります。
やはり途中で挫折してしまったり、どこを目指しているのかわからなくなったりした場合、「プログラミングを学習することは難しい」と認識してしまい、その後のスキル習得を諦めてしまう可能性が非常に高くなります。
このようなことから、社会人で時間もそこまでないため短期間でスキルを習得したい人や独学で進めるのが不安な人が効率性や確実性を求め、プロの講師に相談できる環境が用意されているプログラミングスクールを選択するのがわかります。
「転職をしたい」「副業で稼げるようになりたい」という理由でプログラミング言語を学び始めたとき、わからない箇所を飛ばしてそのままに放置して学習を進めたとしても、目標とする転職や副業が実現するほどのスキルが身につかなければ多くの時間を費やして何も得られないという結果になります。
ですので、1人でプログラミングスキルの習得ができるか不安な方は多少の費用をかけてでも、不明点をすぐに相談・解決できる環境や効率良く学習できる有料サービスを選ぶのがベストだと言えます。
そこでおすすめしたいのが「忍者CODE」です。

プログラミングスクール無料メンター相談

忍者CODEをおすすめする1番の理由は「業界最安級の金額でありながら圧倒的学習ボリュームと半永久サポートを提供している」ところにあります。
上記でお伝えしたように、初学者の多くは独力で不明点や問題点を解決できないためにプログラミングの学習を挫折しています。そのため、初学者が経験豊富なプロのエンジニアに相談できない環境下でプログラミングスキルの習得をするのは難易度が高いと言えます。
ですが、忍者CODEでは
・チャットでいつでも、無制限で質問可能
・学習者同士でつながれるコミュニティへの招待
などといったサポート体制を設けているため、学習を進めていく中で出てきた問題点や不明点をスムーズに解決しながら、挫折することなくプログラミングスキルの習得が可能です。
また、忍者CODEでは動画コンテンツにて学習を進めていくため、スッと頭に入ってきやすいようになっているのも特徴です。
未経験でも挫折させないオンラインスクールとして、受講生に寄り添った学習コンテンツを提供している忍者CODEをより詳しく知りたい方はぜひ公式サイトをご覧ください。